ニトリ、IKEAも力を入れる「ゲーミング家具」 実物を見てみると...

ニトリ、IKEAも力を入れる「ゲーミング家具」 実物を見てみると...

  • Sirabee
  • 更新日:2022/09/23

9月15日〜18日の4日間、千葉・幕張メッセで開かれた日本最大級のゲームイベント「東京ゲームショウ」。

数ある有名ゲーム会社を差し置いて、注目を集めていた企業がある。ニトリ、イトーキ、そしてIKEAだ。…いや家具屋じゃん、全部。

画像をもっと見る

■続々参戦中

ゲーム、特にPCゲーを愛する人ならば、「でかいモニターを複数置けるゲーミングデスク、そして長時間座っても疲れないゲーミングチェア…『ぼくのかんがえた、さいきょうのゲーミングスペース』を作りたい!」と思ったことがあるはず。ゲーミングノートPCを使い、リビングで遊んでいる記者も「できれば…椅子くらい買いたいな…」とチェックする日々。

BauhutteやU-POWER、GTRACING、Razerなどゲーミング家具で有名なグランドは数多くあるが、そこに家具の専門店が続々と参入しているのだ。

関連記事:江頭2:50、罰ゲームで『IKEA』の家具を爆買い 総額に「漢」と反響

■お値段は15万円ほどに

イトーキは2018年からゲーミングチェアを販売中。通気性がよく蒸れにくい、ファブリックタイプに強みを持っている。

イチオシは、オフィスチェア『Act』(アクト)をベースにしたモデル。発売日はまだ未定だが、お値段15万円ほどを想定しているとか…高いけど、めちゃくちゃ機能がすごい。椅子の「動いたらいいな」部分が全部動くのだ。背面にはエストラマー樹脂を使っていてぐにゃっと曲がる上にもたれ具合(体重をかけたときの倒れ具合)まで調整可能。腕置きは高さも角度も向きも変えられる。

さらにレザー素材の座面は、広さまで変更可能。先端部分がくるっと丸まることで、座面自体が短くなるのだ。何そのメカ。ほしい。

■セット価格の物も

イケアは2年連続での出展。ブラック・ホワイトで統一したゲーミングエリア、そして二段ベッドの一段部分にゲーミングデスクを埋め込んだゲーミングブースの3セットを展示していた。

No image

ホワイトなエリアに使われているのは、52,980円でセット販売もされている「FREDDE フレッデ」(ゲーム用デスク)と「MATCHSPEL マッチスペル」(チェア)の2つ。お手頃価格ながら、統一感のある部屋が作れそうだ。

■ニトリはTGS初出展

No image

3社の中でも、特に大きな話題になったのが初出店の「ニトリ」だ。看板からしてめちゃくちゃニトリ。

No image

白は新商品で、この部屋は「20代OL。ゲームにも美容にも手を抜かない☆」がテーマだそう。…なんだろう、色々とツッコみたい。デスクやチェアのトータルで72,180円。

TGSへの出展も後押しになってか、一部の商品(サイドシェルフやチェア)の白色は11月配送になっているほどの人気ぶりだ。ゲーミングルームだけではなく、色々と使いやすそう。

ゲームと本気で向き合いたい、そのための装備を整えるんだ! …でも、普段遣いもしやすいといいな…という人は、家具メーカーのアイテムから選ぶのもありかも。

・合わせて読みたい→Amazonタイムセール祭り テンピュール枕やマットレスなど寝具特集

(取材・文/Sirabee 編集部・たつき あつこ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加