【変死】90歳男性の頭部に骨折 殺人で捜査本部設置

【変死】90歳男性の頭部に骨折 殺人で捜査本部設置

  • テレ朝news
  • 更新日:2022/09/23
No image

動画を見る(元記事へ)

群馬県伊勢崎市の自宅で血を流して死亡していた90歳の男性について、警察は、殺人事件と断定し、捜査本部を設置しました。

21日、群馬県伊勢崎市の有坂鐵男さんが自宅で血を流して死亡しているのが見つかりました。

警察によりますと、有坂さんは廊下で倒れていて、頭と顔には殴られた痕があり、頭の骨は折れていたということです。司法解剖の結果、死因は外傷性ショックでした。

遺体が発見される前の日には、有坂さんが自宅にいたところを親族が確認していました。

警察は、現場の状況や司法解剖の結果などから殺人事件と断定して捜査本部を設置し、107人態勢で捜査しています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加