今夜の「科捜研の女」で新展開!さらば、マリコ!?土門VS元夫の行方は

今夜の「科捜研の女」で新展開!さらば、マリコ!?土門VS元夫の行方は

  • テレ朝news
  • 更新日:2021/10/14
No image

女優の沢口靖子(56)が主演を務めるテレビ朝日系木曜ミステリー「科捜研の女season21」が、今日14日午後8時からスタート。沢口演じる京都府警科学捜査研究所(通称・科捜研)の法医研究員・榊マリコに、東京への異動の話が舞い込む、これまでにない衝撃の新展開で新シーズンの幕が開く。

1999年にスタートし、現行のテレビドラマでは最も長く続いている長寿シリーズ。これまでマリコは、研究員たちとともに、法医、物理、化学、文書鑑定などの専門技術を武器に事件の真相解明に挑んできた。

今回、マリコに東京への異動の話を持ち掛けたのは、公開中の映画「科捜研の女 -劇場版-」で約20年ぶりに姿を現している、別れた夫・倉橋拓也(渡辺いっけい)。倉橋は自らが室長を務める警察庁“刑事指導連絡室”に、マリコを引き抜こうとする。

マリコの人生の転機とも言える重大局面に、長年“最強タッグ”を組んできた捜査一課の土門薫刑事(内藤剛志)は、倉橋と直接対決する。「榊を本気で警察庁に連れて行くつもりですか?」との問いに、元夫が返す言葉とは!?

また、1話の予告映像では、マリコが胸を鮮血に染めて倒れる姿が映し出されており、初回から続くショッキングな展開から目が離せない。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加