<おちょやん>(第108話・5月5日放送) 一平がスランプで「書けない」 どうなる3周年公演

<おちょやん>(第108話・5月5日放送) 一平がスランプで「書けない」 どうなる3周年公演

  • J-CASTニュース
  • 更新日:2021/05/04

NHK大阪のラジオドラマ「お父さんはお人好し」の第1回の放送は、お母ちゃん役の千代(杉咲花)が台本のセリフを2ページも飛ばしてしまうという絶体絶命のアクシデントのなか、お父ちゃん役・花車当郎(塚地武雅)とのアドリブが掛け合いがうまくいき、なんとかピンチを脱出した。脚本家である長澤(生瀬勝久)が千代に感心する。

長澤「なんで、あないなアドリブに対応できますのや」

千代「千之助さんに、鍛えてもろたさかい」

その結果「お父さんはお人好し」はお茶の間で大好評となり、女優・竹井千代は見事に復活を遂げた。

■千代は人気者に

番組は好調のまま半年間が過ぎた。

千代は、街ですれ違う人々に「千代子お母ちゃん」と呼ばれる程の人気になった。

一方、鶴亀新喜劇の番頭・熊田は、座長で千代の元夫・一平(成田凌)に依頼する。

熊田「鶴亀新喜劇の3周年公演をする。鶴亀の威信にかけて必ず成功させるように」

ところが、一平はなかなか脚本を書けずに苦しんでいた。そして劇団員である松島寛治(前田旺志郎)に頼み事をする。(NHK総合あさ8時放送)

J-CASTニュース

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加