ソフトバンクが小刻み継投で巨人の反撃断つ 先発の石川は6回途中2失点で勝利投手の権利

ソフトバンクが小刻み継投で巨人の反撃断つ 先発の石川は6回途中2失点で勝利投手の権利

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2020/11/23

◇SMBC日本シリーズ2020第2戦 ソフトバンクー巨人(2020年11月22日 京セラD)

No image

<巨・ソ>力投する石川(撮影・大森 寛明)

ソフトバンクの工藤監督が早めの継投でピンチを脱した。7―2で迎えた6回。先発の石川が1死から坂本、丸に連続安打されると、工藤監督は、丸の場面で嘉弥真を投入。嘉弥真は丸を4球連続スライダーで空振り三振に斬る。今度は原監督が亀井に代打・石川を送ると、3番手に高橋礼を投入。さらに田中俊が代打の代打に送られた。田中俊には四球を与えたが、満塁のピンチで、中島を空振り三振に仕留めた。

先発の石川は5回1/3を4安打2失点。ただ、5回にウィーラーに右越え2ランを浴びるなど、巨人打線のタイミングが合ってきていた中で、工藤監督は交代を決断した。

石川は日本シリーズで17~19年で6試合に救援登板し3勝0敗。計7回1/3を投げて失点はわずかに1だった。日本シリーズで初先発となったこの試合でも勝利投手の権利を手にしている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加