【新型コロナ】接種8割越え 態勢縮小へ「ワクチンの効果が確実に出てきている」【長崎県佐世保市】

【新型コロナ】接種8割越え 態勢縮小へ「ワクチンの効果が確実に出てきている」【長崎県佐世保市】

  • KTNテレビ長崎
  • 更新日:2021/10/14
No image

テレビ長崎

ここをクリックすると元記事で動画再生ができます。

佐世保市は新型コロナウイルスワクチンの1回目を接種した人の割合が8割近い状況になり、予約にも空きが出始めているため、接種態勢を縮小すると発表しました。

佐世保市では、12歳以上の市民を対象にワクチン接種を進めています。1回目の接種が済んだ人の割合は、14日現在で79パーセントです。

集団接種、個別接種ともに予約に空きが出始めていて、佐世保市では11月には8割以上が、2回目の接種を終えるとみて、11月9日の接種分までで予約の受け付けをいったん終える予定です。

佐世保市 朝長 則男 市長 「ワクチンの効果というのは確実に出てきている。皆さんの協力で(感染者減少の)形になっている。今後はこれまで辛抱してもらった皆さんをしっかり応援できるようなことをやっていく必要がある」

ワクチンの3回目接種などに関しては、国の供給などの方針が定まり次第、調整するとしています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加