2022年12月1日(木) 東京・有楽町に新劇場「I’M A SHOW(アイマショウ)」がオープン! クリエイティブディレクターは箭内道彦

2022年12月1日(木) 東京・有楽町に新劇場「I’M A SHOW(アイマショウ)」がオープン! クリエイティブディレクターは箭内道彦

  • ニッポン放送 NEWS ONLINE
  • 更新日:2022/11/25

株式会社ニッポン放送(本社:東京都千代田区、代表:檜原麻希)と株式会社サンライズプロモーション東京(本社:東京都港区、代表:高橋一仁)は、12月1日(木)、東京・有楽町マリオン別館7Fに新劇場「I’M A SHOW(アイマショウ)」をグランドオープンする。クリエイティブディレクターには、箭内道彦氏が就任。「ライブハウス×シアター」をコンセプトに、音楽から演劇まで、幅広いライブエンターテインメントの拠点として、有楽町を代表するスポットに進化していくことを目指す。

No image

客席全景

アミューズメントシティ有楽町に、これまでにないライブエンターテインメントシアターを

日本のエンターテインメントの聖地、日劇跡地に建つ「有楽町マリオン」。その別館7F(旧・オルタナティブシアター)を、「ゆったりと音楽、エンターテインメントを楽しむことができる」シアターに完全リニューアル。有楽町駅から徒歩5分、ビジネス街や繁華街に囲まれた最高の立地で、大人の落ち着いたライブ空間を提供する。約400席の客席は最後列でも出演者の息遣いを間近に感じられる空間で、音楽も演劇も没入感たっぷりに楽しめる。ドリンクホルダーを備えた贅沢なシートで、好きな飲み物を片手にリラックスして楽しむこともできる。「ライブハウス×シアター」というコンセプトが生み出す唯一無二のライブエンターテインメントシアターを追求する。

No image

ステージ全景

No image

箭内道彦

【「I’M A SHOW」クリエイティブディレクター 箭内道彦氏コメント】

コロナ禍において不要不急とも言われたエンタテインメント。

僕はそうは思いません。

ほとんどの人には、泣くこと、笑うこと、歌うこと、それができる場所が、どうしても必要です。

ショーも、人も、生きています。

有楽町にできる新しい劇場。

ずっと逢いたかった、ずっと逢えなかった、あなたに逢うために。

そんな思いを名に込めました。

どうぞフランクで永いお付き合いを。

【箭内道彦氏 プロフィール】
1964 年福島県生まれ。クリエイティブディレクター。
タワーレコード「NO MUSIC, NO LIFE. 」、リクルート「ゼクシィ」、東京メトロ「TOKYO HEART」「Find my Tokyo.」など話題の広告を数多く手掛ける。若者から絶大な人気を得るフリーペーパー「月刊 風とロック(定価0 円)」発行人・編集長、東京藝術大学学長特命・美術学部デザイン科教授、福島県クリエイティブディレクター。2011 年大晦日の紅白歌合戦に「I love you & I need you ふくしま」で出場したロックバンド「猪苗代湖ズ」のギタリストでもある。

No image
No image

劇場ロビー 完成イメージ図

<劇場概要>
劇場名:I’M A SHOW(アイマショウ)
所在地:東京都千代田区有楽町2丁目5番1号 有楽町マリオン(有楽町センタービル)別館 7F
延べ床面積:1,098㎡ 座席数:398席 (車椅子スペース2台)  舞台間口:8間 舞台奥行き:4間

◆電車でお越しの方
・JR 山手線「有楽町駅」中央口
・銀座口より徒歩3分
・東京メトロ有楽町線「有楽町駅」D7 出口より徒歩3分
・東京メトロ丸ノ内線・日比谷線・銀座線「銀座駅」C4 出口より徒歩3分
・東京メトロ日比谷線・千代田線・都営地下鉄三田線「日比谷駅」A0 出口より徒歩3分

URL:https://imashow.jp/
公式ツイッター:@imashowjp

ニッポン放送 NEWS ONLINE

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加