伝説のハンコ店主VS名字研究家の“名字頂上決戦”第13弾「大心池」「三節草」「無類」など難読名字が続々登場『沸騰ワード10』

伝説のハンコ店主VS名字研究家の“名字頂上決戦”第13弾「大心池」「三節草」「無類」など難読名字が続々登場『沸騰ワード10』

  • TVLIFE
  • 更新日:2021/06/11
No image

6月11日(金)の『沸騰ワード10』(日本テレビ系 後7・00~8・54)は、大人気企画「名字頂上決戦」第13弾を放送する。

「名字頂上決戦」は、約11万種類もの日本一の品ぞろえを誇る伝説のハンコ店主・秀島さんと、名字研究家の高信さんによる「知識が勝つか、品ぞろえが勝つか」のガチ対決が好評の人気企画。

名字研究家・高信さんがフリップに書いた名字が、秀島さんのハンコ店に置いてあるかどうかというシンプルな対決だが、毎回激レア名字が登場して勝負は白熱。放送されるたびに大反響を呼んできた。

第13弾となる今回も、読み方すら分からない「大心池」「三節草」「無類」などの超難読名字が続々登場する。

そのほか「ガイドブックに載らない沸騰島~鹿児島県・下甑島」「取り憑かれた芸能人・佐々木美玲(日向坂46)」を放送する。

『沸騰ワード10』
日本テレビ系
2021年6月11日(金)後7・00~8・54

この記事の写真

No image
No image
No image

TV LIFE

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加