A380部品がアート作品に エアバスがチャリティーオークション10月開催

A380部品がアート作品に エアバスがチャリティーオークション10月開催

  • Aviation Wire
  • 更新日:2022/09/24

エアバス財団は、総2階建ての超大型機A380型機の部品から生み出されたアート作品のチャリティーオークションを現地時間10月13日から3日間開催する。

No image

A380のエンジンブレードなどを使ったアート作品(エアバスのサイトから)

No image

エアバスのA380=17年6月 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

エアバスはストリートアートのアーティストにA380の部品を託し、オークションに出品予定。同社のサイトには、アーティストの作品が描かれたエンジンのファンブレードや窓枠などの写真が掲載されている。

13日から15日まで、出品される作品は1日ごとに異なり、オンライン登録するとオークションに参加できる。オークションの収益は、世界中で行うエアバス財団のチャリティー活動や、航空宇宙産業の遺産を保存するAIRitage協会に一部が寄付されるという。

Tadayuki YOSHIKAWA

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加