鳥取県 新型コロナワクチン3回目接種へ 一定の必要量確保にめど

鳥取県 新型コロナワクチン3回目接種へ 一定の必要量確保にめど

  • BSS山陰放送
  • 更新日:2021/11/25
No image

鳥取県は新型コロナワクチンの3回目接種について、来年3月までの接種体制が整ったと発表しました。また、観光需要の喚起策WeLove山陰キャンペーンの延長も検討します。

3回目接種について鳥取県では、2回目接種から8か月経過するのが来月から来年1月の人が2万6000人あまり、来年2月から3月の人が16万7000人あまりで、ワクチンは必要量を確保できるめどがつきました。

来月は医療従事者の多くが、所属する医療機関などで接種をはじめ、1月以降は高齢者が市町村の集団接種会場などで接種を受けます。高齢者の数が増える2月以降は県営接種会場の設置も検討します。

また経済対策について国の交付金の動向も見極めながら、12月末までとなっているWeLove山陰キャンペーンの期間延長や島根県以外の隣県である岡山・広島・兵庫の県民を対象としたスペシャル・ウェルカニキャンペーンについて予算化を検討していくことにしています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加