「TeamSpirit」新バージョン提供開始、ニューノーマル時代の労務管理に対応

「TeamSpirit」新バージョン提供開始、ニューノーマル時代の労務管理に対応

  • ASCII.jp
  • 更新日:2021/01/14
No image

「TeamSpirit Winter’21」の提供を開始

チームスピリットは1月14日、働き方改革プラットフォーム「TeamSpirit」の新バージョン、「TeamSpirit Winter’21」の提供を開始した。

今回のアップデートでは、管理監督者における「勤務時間変更申請」機能を追加。従来のTeamSpiritでは、管理監督者は労働基準法上の労働時間、休憩、休日に関する規定の適用対象外であるため同機能の対象外となっていたが、管理監督者の勤務体系においても使用できるようになった。これにより、管理監督者が自身の休日の設定・変更ができるとともに、管理監督者の休日取得状況を正しく把握することが可能となる。

また、「勤務パターン制御」機能を追加。従来は、勤務時間変更申請時に「勤務パターン(シフト勤務時間帯)」の指定が可能だったが、申請時に勤務パターンを指定できないようにする機能を追加した。シフト変更の裁量がない社員が誤って勤務パターンを指定してシフト変更してしまったり、そもそも勤務パターンを使用しない社員が勤務パターンを指定してしまうと、労務管理上の所定労働時間等が変更されてしまうため、これを防ぐため本機能を追加した。

さらに、アドオン機能のパッケージとして、看護・介護休暇等、休暇個別の取得時間数データの出力を提供開始した。各従業員の各休暇制度ごとの利用状況のレポート作成、及びデータ出力が可能となる。本パッケージを利用すると、ユーザー企業は従業員の看護・介護休暇等の制度の利用促進、そしてより柔軟な働き方を推進することが可能としている。

■関連サイト

ニュースリリース

TeamSpirit

チームスピリット

ASCII

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加