東海大相模6季連続神奈川V!退院翌日の門馬監督「1つの山を越えた感じ」

東海大相模6季連続神奈川V!退院翌日の門馬監督「1つの山を越えた感じ」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/05/05
No image

神奈川6連覇を達成した東海大相模の選手たち(2021年5月4日)

<春季神奈川大会:桐光学園3-4東海大相模>◇4日◇決勝◇横浜スタジアム

センバツ優勝の東海大相模が接戦を制し、6季連続で神奈川の頂点に立った。

前日の準決勝を負傷のため欠場した門馬敬治監督は退院し、この日はベンチ入りして指揮を執った。「(センバツ優勝から)一番遅れて神奈川の大会に入ってきて、その中で『闘争心』をテーマに戦った。向かってくる相手を上回る気迫で、準備できないものを補った。こういう形で締めくくれて、1つの山を越えた感じがする」と話した。

1-2で迎えた4回1死一塁、大塚瑠晏(るあん)内野手(3年)が右越え三塁打を放ち同点に追いついた。

さらに2死一、三塁で、2番手としてマウンドに上がった大森幹大投手(3年)の右前適時打で勝ち越した。1回2/3を3安打2失点の大森は「打てたことはうれしいけど、この試合は納得していない。関東大会で、自分の役割を果たしたい」と引き締めていた。

主将を務めた門馬功外野手(3年)は「甲子園の経験を生かして優勝できて、うれしい。先輩たちがつないでくれた(神奈川)6連覇なので、自分たちが負けるわけにはいかないと思っていた」と喜んだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加