新作合体カップヌードルのパッケージで作られた近未来サイボーグが超絶カッコいい、制作者に話を聞いた

新作合体カップヌードルのパッケージで作られた近未来サイボーグが超絶カッコいい、制作者に話を聞いた

  • 秒刊SUNDAY
  • 更新日:2021/09/15
No image

image:空箱職人はるきる(@ 02ESyRaez4VhR2l)

日清食品カップヌードルからこの度、スーパー合体シリーズが新登場。味は、シップードル、シーリー、チーチリカーマト、とんその4種です。それぞれ2種の味を合体させているのですが、そのカップヌードルのパッケージを使い制作した、近未来サイボーグが超絶カッコいいと話題を集めています。今回は製作者である空箱職人はるきるさん(@ 02ESyRaez4VhR2l)にお話をお伺いしました。

話題のツイート

さぁ、売上最強はどいつだ! #スーパー合体シリーズ #勝敗は1週間後 #空箱職人はるきる https://t.co/uGoXkOkFZ2 pic.twitter.com/TGyWBelGgu
— カップヌードル (@cupnoodle_jp)
September 14, 2021
from Twitter

どの作品も躍動感があり、今にも動き出しそうです。とてもカッコいいですね。一体一体が緻密に計算された精巧な作りで、見る者を魅了する圧倒的存在感です。

Twitterのリプ欄には「ちょっとー汗もーなにー??カッコいいじゃーーーん!」「これは凄い!脱帽しました」「作り方知りたい」「ガンダムみたいでカッコいい」「相変わらず技術だけじゃなくてセンスがヤバい」「クォリティ高すぎて目が点になりました、、、」「こういうの作れる人ってホント尊敬する」などのコメントが寄せられ、大きな反響を呼んでいます。

制作者へインタビュー

No image

image:空箱職人はるきる(@ 02ESyRaez4VhR2l)

制作者の空箱職人はるきるさん(@ 02ESyRaez4VhR2l)(※以下、はるきるさん)に話を伺いました。

はるきるさんは、いろんな空箱で作品を作るアーティストです。お菓子や薬、お酒の箱などでも作られていてどれも心奪われる、見事な作品ばかりです。はるきるさんのファンも多く、早く次の作品も見たいという声もネット上に溢れています。

No image

image:空箱職人はるきる(@ 02ESyRaez4VhR2l)

■カップヌードル作品の一体あたりの制作時間について教えてください。

カップ麺の一体あたりは、構想時間20時間で、制作時間は20時間かかりました。

■カップヌードル作品のこだわった点や作るのにご苦労されたポイントはありますか。また、とても細かい作業だと認識できますが、どのように作られているのか教えてください。

図案や下絵などは無く、脳内イメージを頼りにハサミやカッターでパーツを切り抜き接着しています。 カップヌードルの内側は大抵の接着剤を弾く材質なので、裏面を剥がしたりカッターで傷をつけて接着剤を浸透させたりと難易度は普段の空箱より高かったです。

No image

image:空箱職人はるきる(@ 02ESyRaez4VhR2l)

■今回作られた、カップヌードル作品の中ではるきるさんの一番気に入られている作品はどちらですか。

個人的にお気に入りはチリトマトとチーズカレーの作品ですね。一見悪役にすら見えそうなデザインが作っていて楽しかったです。

No image

image:空箱職人はるきる(@ 02ESyRaez4VhR2l)

■他の作品もとても印象的で素敵ですが、普段からパッケージのデザインなどチェックされて、作品に活かしてみたいなど、気に留められているのでしょうか。

普段からスーパーでパッケージばかり見て過ごしております笑 そのパッケージのデザインや質感を活かすということを1番大事にして制作しているので、今回のカップヌードルも紙ではないカップヌードル独特の近未来的な質感を活かせる作品を目指しました。

はるきるさんお忙しい中、作品の魅力が伝わるお話をしていただき有難うございました。創意工夫され、平面の紙がまるで命を宿っているかのような立体的な作品に生まれ変わるのは、神業でもあり素晴らしい技術です。

今後の作品も、空箱職人はるきるさん(@ 02ESyRaez4VhR2l)のTwitterでチェックしてくださいね。

アートといえば、スーパーヒーロー参上!三角コーンで作られた着ぐるみスーツが、ヤバい程カッコいいと話題も注目を集めています。

Source:空箱職人はるきる(@ 02ESyRaez4VhR2l)

画像が表示されない場合はこちら

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加