鎌田大地が独1部フランクフルトと23年6月末まで契約延長「次のステップに」

鎌田大地が独1部フランクフルトと23年6月末まで契約延長「次のステップに」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2020/09/16
No image

鎌田大地

サッカードイツ1部アイントラハト・フランクフルトは16日、日本代表MF鎌田大地(24)と2023年6月30日まで契約を延長したと発表した。

鎌田はフランクフルトの公式サイトで「欧州、特にフランクフルトはとても居心地が良い。昨季は自分の強みをチームにうまく伝えることができたので次のステップに進みたい。クラブは僕の成長を見守り、僕を守ろうとしてくれている。良いパフォーマンスと結果で応えたい」とコメントした。

愛媛県出身の鎌田は京都・東山高からJ1鳥栖に加入し、17年6月に21年6月末までの4年契約でフランクフルトに完全移籍した。ベルギー1部シントトロイデンへの期限付き移籍を経て、19年夏にフランクフルトに復帰。昨季は公式戦48試合に出場し、10得点9アシストと飛躍した。今季は12日にドイツ・カップ1回戦の1860ミュンヘン戦に先発出場。後半35分までプレーし、チームの2点目の起点となった。現行の契約が残り1年を切り、去就が注目されていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加