ウィザーズが3季ぶりの4連勝 球宴先発のビールが37得点 八村は17得点

ウィザーズが3季ぶりの4連勝 球宴先発のビールが37得点 八村は17得点

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2021/02/21

ウィザーズは20日、敵地ポートランド(オレゴン州)で西地区全体4位のトレイルブレイザーズを118―111(前半61―55)で下して4連勝で10勝17敗。4連勝は5連勝を達成した2017年シーズン以来、3季ぶりとなった。

No image

勝利が決まって歓喜するウィザーズのビール(AP)

このカードの連敗も4で阻止。今季20試合目の出場となった八村塁(23)は37分の出場でフィールドゴール(FG)を12本中5本(3点シュートは2本とも失敗)成功させ、第4Qでの9得点を含む17得点を稼いだ。八村の2ケタ得点は7試合連続。この日は7リバウンドと自己最多に並ぶ3スティールもマークした。

球宴で初めて先発として出場することになった得点部門1位のブラドリー・ビール(27)は37得点と7リバウンド、ラッセル・ウエストブルック(32)は27得点、11リバウンド、13アシストで3試合連続、今季8回目のトリプルダブルを達成。17日のナゲッツ戦で35得点を挙げたダビス・バターンズ(28)は6得点に終わったが、第4Qでは貴重な3点シュート成功を2本成功させた。

C・J・マッカラム(29)、ユスフ・ナーキッチ(27)といった先発の主力を欠いているトレイルブレイザーズの連勝は6で止まって18勝11敗。ビールと2012年のドラフトで同期だったデイミアン・リラード(30=ビールは全体3番目、リラードは6番目指名)は3点シュートを17本中7本成功させ、35得点と12アシストを記録したものの第4Qでチームは19―29と後手に回った。リラードは第3Q終了間際にセンターサークルのロゴマーク付近からも“長距離砲”をさく裂。チーム全体では55本中19本の3点シュートを成功させたが(ウィザーズは26本中6本)、ペイント内でのスコアでは36―56と下回った。

ウィザーズはこの試合がロード4連戦の初戦。22日にはレイカーズ、23日にはクリッパーズ、さらに23日にはナゲッツとロードで顔を合わせることになっている。

一方、アンソニー・デービス(27)を右脚の故障、デニス・シュルーダー(27)を新型コロナウイルスの感染防止規定で欠くレイカーズは20日、地元ロサンゼルスでヒートに94―96(前半52―59)で敗れて今季2度目の連敗。クリッパーズと同率(22勝9敗)ながら、西地区全体で2位から3位に順位を下げた。球宴での主将が決まっているレブロン・ジェームズ(36)は19得点と9リバウンド、9アシストを稼ぎ、第4Q残り5秒に相手のスローインを寸断。残り1・2秒でアレックス・カルーソ(26)が同点を狙ってジャンプシュートを放ったが決めることはできなかった。

なおこの日にニューヨークで行われる予定だったニックス対スパーズ戦は、スパーズに4人の新型コロナウイルスの感染者が出たために延期。ヒューストン(テキサス州)でのロケッツ対ペイサーズ戦は寒波による停電の影響で延期となった。

<八村の全オフェンス>

▼第1Q(出場8分42秒=4得点)

(1)1分7秒・ペイント内をドリブルで刻んでゴール下=〇(アシスト・ビール)

(2)1分27秒・速攻からロングパスを受けてゴール下=〇(アシスト・ウエストブルック)

(3)2分51秒・右サイドからゴール下にもぐり込んでシュートを放つもコビントンにはたかれる=×

▼第2Q(出場10分19秒=無得点)

(4)4分19秒・正面からドライブしてゴール下。ディフェンスはサイモンズ=×

(5)4分50秒・ペイント内の競り合いからゴール下。ディフェンスはフッド=×

(6)9分25秒・ペイント内でターンアラウンドからジャンプシュート=×

▼第3Q(出場11分19秒=4得点)

(7)2分32秒・正面やや右から3点シュート=×

(8)6分13秒・右ローポストからのパワープレー。ペイント内でターンアラウンドでジャンプシュート=×

(9)6分39秒・アリウープからのダンク=〇(アシスト・ビール)

*10分31秒・フリースロー2本=〇〇

▼第4Q(出場6分34秒=9得点)

*6分20秒・フリースロー2本=〇×

(10)7分22秒・正面やや右から3点シュート=×

(11)9分14秒・速攻から左サイドを走り込んでダンク=〇(アシスト・ウエストブルック)

(12)10分21秒・ゴール下で左手でフックシュート=〇(アシスト・ロペス)

*11分34秒・フリースロー2本=〇〇

*11分40秒・フリースロー2本=〇〇

<20日の結果>

*ホーネッツ(14勝15敗)102―100ウォリアーズ(16勝15敗)

ヒート(13勝17敗)96―94*レイカーズ(22勝9敗)

サンズ(19勝10敗)128―97*グリズリーズ(13勝13敗)

*ブルズ(13勝16敗)122―114キングス(12勝17敗)

ウィザーズ(10勝17敗)118―111*トレイルブレイザーズ(18勝11敗)

*はホームチーム

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加