【10年後も大切にしていたいアイテム】あえて派手色のカシミアニット

【10年後も大切にしていたいアイテム】あえて派手色のカシミアニット

  • Marisol ONLINE
  • 更新日:2021/11/25

今の時代だから、そしてこの歳だからこそ、長く愛せる名品を選んでおしゃれを楽しむ!

No image

MADE IN 山形。

以前ツイードスカートを購入し、すっかり虜になった
山形県にある米冨繊維さん。

色々なアパレルブランドのニットの糸や製品を作られていますが
自社でファクトリーブランドも立ち上げられていたり
老舗の技術と、今の時代を感じられる『COOHEM(コーヘン)』を
立ち上げられていたりと、毎シーズン楽しみにしています。

No image

冬にパッと派手な色も良い!

COOHEM → HP

ニットファクトリーが作りだして
いるものなので素材・製品の良さは
流石です。
今期迎えた、カシミヤ100%のニットは
着た瞬間に、とろけました。
馴染む感じといい、着心地といい
パーフェクト。
決して安い買い物ではありませんが、
毎年買って良かった。と思える納得の買い物です。

No image

そして、良いカシミヤは育つと
言われるほど、
1年目より2年目、2年目より3年目と
年月が経つにつれ、風合いが増し
柔らかい編み目になるので、
大切にメンテナンスをすれば
10年後だって現役の長年愛せる
アイテム。

No image

ふっかふかな着心地です!

家でホームクリーニングできる点も
愛着が湧いていくようになる儀式だな。と。
また、米冨繊維さんはリペアの受付もして下さるので
何かあった時にも、相談が出来るんです。
大切に着て欲しいからこその、サービス。
何て素敵なんだろう。ますます惚れてまうやろー!と
ひとりで盛り上がっております。

No image

昨年のド★ピンクと。

ベーシックカラーと迷うところですが
あえて毎年派手色を購入しております。
歳を重ね顔色がさえなくても、
元気を貰えそう!と、今年は
レモンイエローを選びました。
ベージュやホワイト、デニムなどにも
コーデしやすいので、大切に着ていきたいと
思います。

↓気ままに更新しております↓

No image

NO.107 ウマキ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加