自公幹事長、コロナ特措法の早期成立方針を確認

自公幹事長、コロナ特措法の早期成立方針を確認

  • 産経ニュース
  • 更新日:2021/01/13

自民党の二階俊博、公明党の石井啓一両幹事長は13日、国会内で会談し、18日召集の通常国会に提出する新型コロナウイルス対応のための新型インフルエンザ党対策特別措置法改正案について早期成立を目指す方針を確認した。
 会談後、同席した森山裕国対委員長が記者団に明らかにした。具体的な成立時期に関しては「2月初旬に何としてもお願いしたい。現状のコロナの状況を考えると1日も早い成立が必要だ」と述べた。

外部サイトで読む

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加