「最後まで全く分からないまま指した」...藤井聡太五冠が史上最年少で六冠達成 棋王戦で渡辺二冠を破る

「最後まで全く分からないまま指した」...藤井聡太五冠が史上最年少で六冠達成 棋王戦で渡辺二冠を破る

  • 東海テレビ
  • 更新日:2023/03/19
No image

将棋の藤井聡太五冠は19日、栃木県で行われた棋王戦第4局で勝ち、史上最年少での六冠を達成しました。

藤井五冠は19日、タイトル獲得まであと1勝とし、渡辺明二冠との棋王戦第4局に臨みました。

終盤でも互角の将棋となり、優劣のつかない状況でしたが、午後7時20分過ぎ、132手で藤井五冠が勝ち、史上最年少での六冠を達成しました。

藤井五冠(対局終了後):

「最後まで全くわからないまま指していったんですけど、何とか良い結果を出すことができたなと感じています」

藤井五冠の地元・瀬戸市では、快挙の達成を見守ったファンから喜びの声があがりました。

瀬戸市民:

「本当に感激しました。すごくよかったです」

六冠達成は、羽生善治九段以来2人目の快挙です。

東海テレビ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加