「定期券」最近買いましたか? 戻らぬ需要 テレワーク時代の「次」模索する鉄道会社

「定期券」最近買いましたか? 戻らぬ需要 テレワーク時代の「次」模索する鉄道会社

  • 乗りものニュース
  • 更新日:2020/11/20

定期券で電気・ガス割引も 矢継ぎ早に施策を打ち出す東急

新型コロナウイルスの影響による緊急事態宣言などを経て、社会ではテレワークが急速に進みました。とはいえ、一時は激減した鉄道の通勤需要も徐々に戻っており、東急線では2020年11月現在で、前年比8割から9割というところまで回復しているといいます。

しかし、思うように戻らないのが定期券の需要です。

東急の場合、乗車人員の回復率でいえば、大手私鉄のなかでも中ほどに位置するといいますが、こと定期券需要の回復については最低だそうです。社員への通勤定期代の支給を取りやめた企業も多く、東急の役員によると「裏を返せば、テレワークが最も進んだ沿線」と見ることもできるといいます。

このように多様化する働き方に対応すべく、東急は新サービスや定期券の価値を高める施策を矢継ぎ早に打ち出しています。

2020年10月からは東急線の定期券利用者を対象に、関連会社が提供する電気とガスの料金を割り引く「定期券割」を導入しました。また、沿線におけるシェアオフィスの拠点拡大のほか、ホテルやスポーツ施設などでもテレワーク環境を整えるなど、文字通り「どこでも」仕事できる体制を整えています。

No image

東急の車両。東急線では定期券の購入が大きく落ち込んでいる(大藤碩哉撮影)。

そして2021年1月からは、主に定期券利用者を対象に、「都心通勤者の移動・就労ニーズに対応する」という実証実験「DENTO」を始めます。

新たな移動サービスとして、田園都市線沿線と東京都心を結ぶ「通勤高速バス」「通勤相乗りハイヤー」を運行するほか、鉄道やバスの1日乗車券を1回100円という破格で提供します。沿線の飲食店での特別メニューや、東京都心からそれら店舗までのハイヤー送迎サービスなどを、スマートフォンアプリ「LINE」を通じて提供するというものです。

お得すぎ? それで定期券の需要は戻るのか

「DENTO」の発表時には、記者からも「お得すぎるのでは」といった声が聞かれましたが、東急は儲け度外視で、新たなニーズを模索しようとしています。

もちろん、沿線在住者の囲い込み、という側面もあるといいます。グループ総力を挙げ、移動サービスと生活サービスをシームレスにつなげ、移動量が減った沿線の都心通勤者へ「移動したくなる仕組み」をつくることが狙いだそうです。

電気やガスの「定期券割」や、「DENTO」のサービスは、東急線の1区間、1か月であっても有効な定期券であれば対象になるといいます。しかしながら、これらのために利用者が「定期券を買おう」となるかは未知数と言わざるをえません。

No image

実証実験を行う「DENTO」の概要(画像:東急)。

定期券は鉄道会社の大きな収入源ではあるものの、割引率も大きく、東急の高橋和夫(「高」は正しくは異体字)社長は「ともすればマイナスにも影響しかねない」といいます。

「古くからある定期券の存在が、本当に今に合っているか、見直しも必要でしょう。乗った頻度で割り引く、といったことも考えられます」(東急 高橋社長)

JR東日本などは、混雑時間帯に運賃を高く、空いている時間帯は安くするといった「変動運賃制」のほか、従来型の通勤定期券を値上げする代わりに、時間帯限定の割安な「オフピーク定期券」を導入することなどを検討しています。これには、ピーク時間帯の運行にかかるコストを低減する目的もあります。

また、ICカードでの乗車でポイントを付与するといった施策も複数の鉄道会社が導入しています。利用に応じた柔軟なサービスが、今後ますます発展していく可能性がある一方で、従来型の定期券は、その存在意義が揺らいでいるといえそうです。

乗りものニュース編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加