バイキングスWRジェファーソンがランディ・モスによるキャリア最初の3年のレシービングヤード記録を更新

バイキングスWRジェファーソンがランディ・モスによるキャリア最初の3年のレシービングヤード記録を更新

  • NFL JAPAN.COM
  • 更新日:2022/11/25
No image

ミネソタ・バイキングスのジャスティン・ジェファーソン【AP Photo/Andy Clayton-King】

ジャスティン・ジェファーソンが歴史を刻み続けている。今回はミネソタ・バイキングスの偉人が残した記録を塗り替えた。

23歳のワイドアウトであるジェファーソンはキャリア最初の3年における最多レシービングヤードにおいて、殿堂入りしたランディ・モスの記録を現地24日(木)の夜に上回っている。ジェファーソンはキャリア通算4,109ヤードを積み上げた状態でニューイングランド・ペイトリオッツとの試合を迎えており、このゲームの第2クオーターでモスの3年間のトータル(4,163ヤード)を追い越した。

ジェファーソンは第2クオーター残り5分08秒で見事な37ヤードのキャッチに成功し、この時点での試合内のレシービングヤードを77ヤードとしている。さらに、ハーフタイムを迎えた際には94ヤード(キャリア通算4,203)をマークし、レシービングタッチダウンも1回を記録。これは今年5度目のタッチダウンだった。

バイキングスのスターはサーズデーナイトの試合に臨むまでにリーグ3位(1,093ヤード)のレシービングヤードを稼いでおり、それを上回っているのはそれぞれ木曜日の試合を終えたばかりのタイリーク・ヒル(マイアミ・ドルフィンズ)とステフォン・ディッグス(バッファロー・ビルズ)だけだった。

【A】

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加