【MLB】大谷翔平の存在を「100年後の人は信じない」 2発8打点翌日の8回13Kに米記者唖然

【MLB】大谷翔平の存在を「100年後の人は信じない」 2発8打点翌日の8回13Kに米記者唖然

  • フルカウント
  • 更新日:2022/06/23
No image

ロイヤルズ戦に先発し6勝目を挙げたエンゼルス・大谷翔平【写真:ロイター】

大谷翔平は「MLB史上最も素晴らしい連続試合をまとめあげた

■エンゼルス 5ー0 ロイヤルズ(日本時間23日・アナハイム)

エンゼルス大谷翔平投手は22日(日本時間23日)、本拠地でのロイヤルズ戦に「2番・投手兼DH」で投打同時出場。投手としては初回に通算300奪三振をマークするなど、8回108球を投げて自己最多の13三振を奪い、2安打無失点に抑えて6勝目(4敗)を挙げた。立ち上がりに2安打を許した以降は1本のヒットも許さずに0を並べた投球を、米記者は「こいつは別の惑星出身だ」「ショウヘイ・オオタニは特別」などと伝えた。

初回にメリフィールド、ベニンテンディに連打されて無死一、二塁のピンチを招くも、ウィットJr.から空振り三振を奪ってMLB通算300奪三振をマーク。244回1/3での到達は日本投手ではダルビッシュ(現パドレス)の242回1/3に次いで歴代2位のスピード記録だった。ここからギアが上がり、以降はヒットを許さずに8回まで投げ抜いた。積み重ねた奪三振は、今季4度目の2桁で自己最多の13。投じた108球は今季最多で、フォーシームの最速は7回に記録した99.9マイル(約160.8キロ)だった。

21日(同22日)の同カードでは、打者として2本塁打&8打点。投打で連日、異次元の活躍を見せた二刀流を米記者はSNSを通じて称賛した。米スポーツ局「FOXスポーツ」でアナリストを務めるベン・バーランダー氏は「ショウヘイ・オオタニはMLB史上最も素晴らしい連続試合をまとめあげた」と激賞。米紙「セントルイス・ポストディスパッチ」のダニエル・ゲレーロ記者は「ショウヘイ・オオタニが実在の人物だとは100年後の人たちは信じないだろう」と綴り、米メディア「CBSスポーツ」のニック・パルコ氏は「昨日は8打点、こいつは別の惑星出身だ」と驚嘆した。また地元紙「アリゾナ・リパブリック」のミケーレ・ガードナー記者は「オオタニは見ていて本当に楽しい」と記している。(Full-Count編集部)

Full-Count編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加