フィギュア・坂本が首位発進、三原は2位 女子SP・北京五輪テスト大会

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/10/16

「フィギュアスケート・アジアンオープントロフィー」(14日、北京)

22年北京五輪本番会場で、テスト大会を兼ねて実施された。女子ショートプログラム(SP)は坂本花織(21)が首位、三原舞依(22)=ともにシスメックス=が2位発進した。

坂本はSP「グラディエーター」を演じ、76・70点。ジャンプ全てを大きなミスなくまとめた。

1番滑走の三原はSP「I Dreamed A Dream」を披露し67・83点だった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加