松坂桃李「孤狼の血」鈴木亮平と激闘シーン「走り抜けた」

松坂桃李「孤狼の血」鈴木亮平と激闘シーン「走り抜けた」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/07/21
No image

完成披露イベントを行った、左から松坂桃李、鈴木亮平、西野七瀬(撮影・足立雅史)

松坂桃李(32)が20日、都内で行われた主演映画「孤狼の血 LEVEL2」(白石和弥監督、8月20日公開)完成披露イベントで、鈴木亮平(38)と激闘を演じた1シーンだけで三日三晩かかったと明かした。

松坂は18年の前作に続き、呉原東署の日岡秀一刑事を演じた。前作で暴力組織同士の抗争に巻き込まれ、殺害された大上章吾刑事役の役所広司(65)から託された、オオカミが彫り込まれたジッポーライターを「個人的にお守りのようにずっと持ち」主演に挑んだ。鈴木は出所後、再び抗争を起こそうと各所で惨殺を繰り返す上林成浩を演じた。

松坂は「体力的、精神的にもお互い、ヘロヘロになりながらも血と汗と…いろいろなものが出ながら走り抜けた」と振り返った。鈴木も「やり終わった後、敵同士ですけど戦友感が芽生えた。やりあった我々にしか、分からないものがあった」と感慨深げに語った。

松坂は警察署の2階から、手錠をつけたまま飛び降りるシーンも演じたが、リハーサルだけで1日費やしたという。「監督が『(窓ガラスを)突き破る感じでいって欲しい』と」と、妥協なきハードな撮影ぶりを明かした。【村上幸将】

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加