「バルーンを見に行く」前日から行方不明...73歳ランナーが高齢男性保護し感謝状贈呈【佐賀県武雄市】

「バルーンを見に行く」前日から行方不明...73歳ランナーが高齢男性保護し感謝状贈呈【佐賀県武雄市】

  • SAGATVニュース
  • 更新日:2022/11/25
No image

サガテレビ

ここをクリックすると元記事で動画再生ができます。

ジョギングしている際に様子がおかしい高齢男性を見つけ、声を掛けて保護したとして武雄市の73歳の男性に警察から感謝状が贈られました。

感謝状が贈られたのは、武雄市の介護士北川幸夫さん73歳です。

北川さんは10月28日の早朝、市内の国道と県道が交わる交差点付近をジョギングしていたところ、顔と手に擦り傷があり、足元が濡れた状態で震えている高齢男性を見つけ保護し、警察に通報しました。

【高齢男性を保護 北川幸夫さん】

「交通量の多いところだった。車道まで1メートルもなかった。1歩間違えればとずっと心配だった」

警察によりますと、保護されたのは小城市の80代の男性で「バルーンを見に行く」と言って前日の午後から行方不明となっていました。

北川さんは体力づくりのため、毎日のように午前4時から1時間程度、ジョギングしているということです。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加