ホンダの「ゴツすぎ新型SUV」に熱視線! デカ黒グリルの新型「HR-V」ラギットカスタム車は米国専用? モッタイナイ!

ホンダの「ゴツすぎ新型SUV」に熱視線! デカ黒グリルの新型「HR-V」ラギットカスタム車は米国専用? モッタイナイ!

  • くるまのニュース
  • 更新日:2022/09/23

SUVらしさ強調したスタイルがイイ!

米国ホンダは、2022年6月に新型「HR-V」を現地で発売しました。日本では2023年春に「ZR-V」という車種名で発売予定とされているSUVで、公式サイトには先行情報が公開されています。

そんななか、米国仕様の新型HR-VにはSUVらしさをより高めるアクセサリーが用意されています。

No image

米国ホンダ「HR-V」(日本名:ZR-V)の純正アクセサリー装着車

【画像】ゴツ顔カッコいいじゃん! ホンダ新型「HR-V」ラギットカスタム仕様などを画像で見る(49枚)

現地で展開される純正オプションカタログを見ると、「ラギット・ライフスタイル・アクセサリー」というパーツ群として展開されるアクセサリーとして「グリルトリム」「フェンダーフレア」「ロアードアトリム」を設定。

いずれもブラックを基調としたパーツで、グリルトリムを装着するとフロントグリルの迫力が増すほか、フェンダーフレアはタイヤの踏ん張り感を強調。ロアードアトリムは後ろに向かって跳ね上がるデザインで、アクティブな雰囲気となっています。

HPD(ホンダ・パフォーマンス・ディベロップメント)ブランドのアクセサリーも展開され、「テールゲートスポイラー」「サイドロアートリム」「HPDデカール」が展開されています。

※ ※ ※

ホンダの純正用品を手掛けるホンダアクセスは、日本向けの新型ZR-Vのアクセサリー群として「ZR-V プレミアム・スタイル」を展開。

ZR-Vの都会的なスタイルをさらに際立たせる、スタイリッシュで品のあるパーツが用意されています。

一方、2022年9月現在ラギット・ライフスタイル・アクセサリーのようなカスタムパーツは日本向けにアナウンスされていません。ZR-Vでも、SUVらしさを高めるアクセサリーの設定に期待したいところです。

くるまのニュース編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加