マンU指揮官、19歳FWの飛躍を強調「素晴らしい飛躍を遂げた」

マンU指揮官、19歳FWの飛躍を強調「素晴らしい飛躍を遂げた」

  • フットボールチャンネル
  • 更新日:2020/11/21
No image

【写真:Getty Images】

マンチェスター・ユナイテッドのオーレ・グンナー・スールシャール監督が、FWメイソン・グリーンウッドの飛躍を強調した。英『スカイ・スポーツ』などが伝えている。

19歳のグリーンウッドは、昨年の11月25日にプレミアリーグ初ゴールを記録した。シーズンでリーグ戦10ゴールを達成し。イングランド代表にも呼ばれている。しかし、代表招集中に女性をホテルに連れ込むなど、ピッチの外でも話題になった。

それでもスールシャール監督は、グリーンウッドが1年間で大きく飛躍したと主張。次のように語っている。

「1年前はチェルシーとのカラバオカップでメンバーから外した。そこから出場機会を増やしていった。今ではトップチームで19得点を挙げ、代表デビューも飾った。素晴らしい成長を遂げたと言えるだろう」

グリーンウッドは現在、体調不良で2週間ほどトレーニングに参加できていないため、21日のウェスト・ブロムウィッチ戦は欠場する見通しだ。

「彼は見出しになる選手だ。ゴールを決めたときもそうだし、プレーしなかったときもだね。誰だって体調を崩すことはある。今は8、9日練習離れていて、再び彼を育てているところだ」

編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加