アストロズ・スプリンガーが初球を先頭打者弾

アストロズ・スプリンガーが初球を先頭打者弾

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2020/10/16
No image

先頭打者本塁打を放ち喜ぶアストロズ・スプリンガー(ロイター)

<ア・リーグ優勝決定シリーズ:アストロズ-レイズ>◇第5戦◇15日(日本時間16日)◇ペトコパーク

アストロズが3試合連続で先制点を挙げた。

1回裏の攻撃、1番スプリンガーがレイズ先発の右腕カーティスから左越えのソロ本塁打を放った。初球の直球を完璧に捉え、打球速度115・8マイル(約186キロ)で左翼スタンドに運んだ。

アストロズは第2戦から3試合連続で初回のソロ本塁打で先制。今年9月4日にメジャーデビューしたばかりで、ポストシーズン初登板初先発の23歳、ガルシアを援護した。

前日の第4戦はアルテューベ、スプリンガーの本塁打などで4得点。継投もはまり、粘り勝ちでシリーズ1勝3敗とした。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加