“グラビアオタク”水咲優美、夢は「私が大好きなグラビアアイドルさんたちを集めて写真集を作ってみたい」

“グラビアオタク”水咲優美、夢は「私が大好きなグラビアアイドルさんたちを集めて写真集を作ってみたい」

  • WEBザテレビジョン
  • 更新日:2021/09/15
No image

7月24日に東京・Booty東京で行われた「Fresh!スペシャル大撮影会 in Booty東京」に参加した水咲優美  撮影:隠岐麻琴

肉感的なボディーとキュートな笑顔が魅力的なグラビアアイドルの水咲優美が、7月24日に東京・Booty東京で行われた「Fresh!スペシャル大撮影会 in Booty東京」に参加。インタビューでは、着用の仕方に工夫を凝らした水着のお気に入りポイントや愛してやまないという女性の“あるパーツ”について語ってもらった。男性よりも詳しい(?)「○○博士」ぶりにも注目!

【写真を見る】肉感的ボディー全開!水咲優美の美ヒップあらわなバックショット

「Fresh!」は、東京・秋葉原を拠点に毎週末スタジオや屋外で開催されている撮影会。9月は毎週末プールでの大型イベントを開催予定だ。

――今回の撮影会に参加した感想は?

Fresh!さんは1年半ぶりで、今回が2回目。撮影会に参加することも少ない方だったので、久しぶりにファンの皆さんと会えてうれしかったです。

――ファンの方と近くで触れ合うことができるのも「大撮影会」の魅力?

私、中学の時にダンスを習っていたんです。その発表会とかによく来てくださっていたおじさんと再会できたんです。前半と後半があることを知らなかったみたいで、前半が終わった頃に来たからちょっとしかしゃべれなかったんですけど、一緒にチェキを撮りました。

――撮影会に参加することを知っていたんですね?

SNSで撮影会のことを見つけてくれたみたいで、すごくうれしかったです。

――スタジオにはいろいろなブースがありますけど、印象に残っている場所は?

電車のエリアです。普段ではあり得ない座り方をして撮影しました。手すりに胸やお尻を乗せたりもして。水着で電車に乗るなんてことは絶対にないから、めっちゃ悪いことをしている感じ(笑)。非日常のセットはとても面白かったです。

――囲み撮影会で撮られている時はどんなことを考えていますか?

胸を撮られている時は、胸に意識を向けて力を入れているんですけど、同じタイミングでお尻を撮っている方もいるんです。だから、お尻がダランとしないよう両方に力を入れてポーズを取っています。もちろん、逆のパターンの時も同じ。結局ずっと力が入った状態なので、撮影会の翌日は筋肉痛になっています(笑)。

――個人的に好きなポーズは?

胸が売りなので、胸を見せるポーズ。私自身がグラビアオタクということもあって、常にいろいろなアイドルやモデルさんたちのグラビアをチェックしているんです。自分の公式とは違うSNSのアカウントを作って、お気に入りの子をフォローしています。

――何人ぐらいフォローしているんですか?

1000人ぐらいかも(笑)。それだけ好きなんです。ポーズや衣装など、気に入った画像を保存するフォルダも作っています。もう、完全に趣味ですね(笑)。

――撮影会に向けて準備することはありますか?

私は体重の増減が激しくて、10kg単位で変わることも。増えたら増えたで、ムチムチ好きの方が喜んでくれるので、あまり絞り過ぎないようにしています。DVDや雑誌の撮影の時は節制することもあるんですけど、直接ファンの方と会えるイベントや撮影会の時は、やせていると心配されちゃうんです。だから、極端な食事制限をすることはないです。

――今、着ている水着のお気に入りポイントは?

谷間と下乳(チチ)が両方見えるところ。

――確かに!

バンドゥビキニを、あえて真ん中で着ているんです。そうすると、胸の谷間好きにも下乳(チチ)好きにも喜んでもらえるポーズができるんです。

――どちらのファンにとってもうれしい水着ですね。

まさに“二刀流ビキニ”です!(笑)

――すてきです! この流れで行くと、誰にも負けないチャームポイント(武器)はやっぱり…。

胸ですね。大きさだけではなく、形も自信があります。大きい人はいっぱいいますけど、私の胸はお椀型だから垂れないんです。

――以前、Twitterでファンの方たちに「○○フェチ」なのかを問い掛けていましたけど、水咲さんご自身は?

私はおっぱい! 巨乳が好きです。形はお椀過ぎると硬そうな感じがするので、少しハの字だけど垂れていないタイプが理想。お椀型とハの字型の中間ぐらいで、ちょっと“離れ乳(チチ)”だといいですね。

――“離れ乳(チチ)”の魅力は?

ちょっと離れていると、いい具合に横乳(チチ)がはみ出てエロいんです。

――おぉっ! さすが、おっぱい好き。解説が的確です。

もう、博士レベルかも(笑)。

――では、最後に今後の目標をお願いします。

グラビアのモデルとしては、デジタルではなく紙の写真集を出すことが目標。そして、最終的には私が大好きなグラビアアイドルさんたちを集めて、衣装選びも撮影も全部自分でやる写真集を作ってみたいです。

◆取材・文=月山武桜

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加