【C大阪】「少し苦しんだ試合だった...」清武弘嗣が待望の今季初ゴール! チームに求められる自身の役割は?

【C大阪】「少し苦しんだ試合だった...」清武弘嗣が待望の今季初ゴール! チームに求められる自身の役割は?

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2020/08/01
No image

PKで今季初ゴールを挙げた清武。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)

[J1リーグ8節]湘南0-1C大阪/8月1日/Shonan BNWスタジアム平塚

C大阪が後半に得たPKを清武弘嗣がしっかりと沈め、3試合ぶりの勝利で2位に浮上した。

立ち上がりからゆっくりとしたビルドアップで、慎重な攻め上がりを見せたC大阪は、主導権こそ握っていたものの、湘南の身体を張った守備に苦戦し終始攻めあぐねる展開となった。

51分のペナルティエリア手前中央からフリーで放った藤田直之のシュートや、57分の丸橋祐介からのクロスに奥埜博亮がファーサイドで合わせたシーンなど、数少ない決定機をモノにできず、ゴールは遠かった。

しかし71分、DFの裏を抜け出した坂元達裕が相手DFに倒されPKを獲得し、キッカーの清武弘嗣が冷静にゴール左に沈めて先制。結果的にこのゴールが決勝点となり1-0の勝利を収めた。

決勝ゴールを挙げた清武は、試合後のフラッシュインタビューで試合運びについて、「前半からボールを握れていたと思うんですけど、なかなかシュートチャンスまではいけず、少し苦しんだ試合だった」と苦い表情を浮かべる。
引いて守る湘南にスペースをしっかりと埋められ、なかなか崩しきれない状況が続いたなかでも、清武は中盤で積極的にボールに絡み、攻撃にリズムを生んでいた。自身の役割については、「ボールを収めること」だと強調する。

「まずはボールを失わないことを意識していました。もっとゴールに絡むようなプレーをしたいんですけど、まだまだそこまではいけませんでした。僕のところでボールが落ち着くように意識はしていました」

自身の今季初ゴールについては、「タツ(坂元)と奥埜の崩しからだったので、僕は冷静にPKを蹴るだけでした」とコメントし、「ふたりに感謝したいですし、ゼロに抑えてくれたチームのみんなに感謝したいです」とチームメイトを讃えた。

次節は8月5日にルヴァンカップを挟み、9日にホームでFC東京と第9節を戦う。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【J1第8節PHOTO】湘南0-1C大阪|坂元が獲得したPKを清武が決め3戦ぶり白星&2位浮上!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加