キッザニア甲子園のマウスコンピューター「パソコン工場」を見てきた

キッザニア甲子園のマウスコンピューター「パソコン工場」を見てきた

  • マイナビニュース
  • 更新日:2021/07/21
No image

マウスコンピューターはKCJ GROUPが運営するキッザニアに「パソコン工場」を出展することになった。正式オープンを記念した出展イベントが開催されたので、当日の模様をお伝えしよう。

マウス、キッザニア甲子園に「パソコン工場」パビリオンをオープン

○子どもの職業・社会体験施設にパソコン組み立て工場が仲間入り!

キッザニアはKCJ GROUPが運営する子ども向け職業体験施設で、東京の「キッザニア東京」と兵庫の「キッザニア甲子園」がある。マウスコンピューターが出展する「パソコン工場」パビリオンはキッザニア甲子園に出展され、オープンは7月20日からとなる。初日となるこの日は出展を祝うセレモニーや、報道向けの説明会などが実施され、多くの報道陣でにぎわった。

まず、壇上に現れたのはマウスコンピューター 代表取締役社長の小松永門氏。同氏は自社について説明した後、「自社工場で『夏休み親子パソコン教室』を開催し、実際にパソコンを組み立てる工程を楽しんでもらっていました。自分の手でものをつくる楽しさを感じいただいたと考えていますが、その中でこのイベントをもっと手軽に楽しみたいというリクエストを頂いていました。ご縁があってキッザニアにお邪魔したときに、まさにこれだと思いましたね」と出展の経緯を語った。

続いて登壇したKCJ GROUP 代表取締役社長 圓谷道成氏は、自身もパソコンに凝っていた時期があったことやパソコンブランドとしてのマウスコンピューターを知っていたことを話し、「子どもたちが社会に出たときにはパソコンを使って仕事をしなければなりません。子どものうちからパソコンがカスタマイズできることや、作り方を知ることはものづくりという観点だけでなく、将来のためにもなると考えています」とパソコン工場パビリオンへの期待を語った。

その後、パソコン工場パビリオンを楽しむ子どもたちが着るユニフォームやテープカットが行われ、実際のパビリオンへと舞台は移動することになった。

○子どもが実際に組み立てから出荷までの工程を体験!

パソコン工場パビリオンでは、本物のPCパーツを使ってパソコンを組み立てる工程が体験できる。オーダーシートを見てパーツを選び、マザーボードの決められた位置にセットする。さらにコネクタの接続だけでなく、ケーブルの取り廻しやひとまとめにしてきれいにセットするところまでを実践しながら学んでいく。最後は通電テストを行い、OSが起動すれば組み立ては完了。ベルトコンベアに運び出荷となる。一連の作業を楽しんだ子どもは「難しいけど楽しかった。自分でもパソコンを作ってみたい」と感想を語っていた。

いよいよ本格オープンとなったキッザニア甲子園 パソコン工場パビリオン。「パソコン工場パビリオンを通じてお子さまが少しでもパソコンに親しみを持っていただきたいと思っています」という小松社長の言葉通り、なるべく多くの子どもがパソコンに興味を持ってもらうきっかけになることを期待したい。これから夏休みに入るので、気になる方はぜひ足を運んでいただきたい。

エースラッシュ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加