高山みなみ「緋色の弾丸」1年越しの公開に涙、浜辺美波は赤井の愛車マスタングで登場

高山みなみ「緋色の弾丸」1年越しの公開に涙、浜辺美波は赤井の愛車マスタングで登場

  • 映画ナタリー
  • 更新日:2021/04/06

名探偵コナン 緋色の弾丸」の完成披露舞台挨拶が本日4月6日に東京・東京国際フォーラムで開催され、キャストの高山みなみ山崎和佳奈小山力也池田秀一日高のり子森川智之浜辺美波が登壇した。

No image

「名探偵コナン 緋色の弾丸」完成披露舞台挨拶の様子。左から森川智之、日高のり子、江戸川コナン、高山みなみ、浜辺美波、池田秀一、山崎和佳奈、小山力也。

すべての画像・動画を見る(全17件)

No image

劇場版24作目となる本作では、4年に一度開催されるスポーツの祭典を控えた東京で、名だたる大会スポンサーたちが誘拐される大事件が描かれる。新型コロナウイルスの影響による1年の延期を経て、いよいよ公開の運びとなった。

No image

イベントは、高山のナレーションによる“開幕宣言”からスタート。高山は「原作者の青山剛昌先生をはじめ、キャスト・スタッフ一同とてつもなく苦しい判断でした。なぜならそれは、毎年本当に映画を楽しみにしてくださっている『コナン』ファンの皆さまの思いを知っているからです」と声を震わせながら昨年を振り返り、「待っていてくれた皆さんや、本日この会場にお越しいただいたあなたに観ていただいて、初めて完成するものです」とファンに向けて語りかけ、キャストたちは各キャラクターの声で感謝を伝える。幕が開きステージ上に登壇したあと、高山は「我慢していたんですけど、1年分の思いがあふれてしまった」と涙を見せながら笑った。

No image
No image

赤井秀一の愛車である真っ赤なマスタングから登場した浜辺。「まさか乗せていただけるとは思わず。そして(キャストの)皆さんとお会いできるとは思わず、マスタングの中で涙が出てくるわで1人だけ地に足が着いていないような、夢の中のような感覚です」と恐縮しながら述べる。また“美波”という名前は、両親が大ファンだという「タッチ」の浅倉南に由来することが明かされると、アニメで南に声を当てた日高は「浜辺美波は浅倉南を超えていると思います!」と感激。「しかも『コナン』にはもう1人“みなみ”がいるんです」と日高から話を振られた高山は「スリーみなみだ!」と笑顔で返した。

No image

本作のキーパーソンとなる赤井役の池田は「最近、安室という男が人気だという話を聞きまして。実は先日会ったんですが『がんばってくれよ』と心にもないことを言われました」と裏話を披露し、「安室に負けてなるものかと、精一杯がんばったつもりです」と静かに闘志を燃やす。最後に高山は、恒例となった「真実はいつもひとつ!」のポーズを観客全員で決め、イベントを締めくくった。

永岡智佳が監督を務めた「名探偵コナン 緋色の弾丸」は4月16日に公開。

※日高のり子の高は、はしご高が正式表記

(c)2020 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会

映画ナタリー

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加