「塩麹カオマンガイ」のつくり方。炊飯器で手軽にしっとりやわらかく|榎本美沙の発酵暮らし

「塩麹カオマンガイ」のつくり方。炊飯器で手軽にしっとりやわらかく|榎本美沙の発酵暮らし

  • 天然生活web
  • 更新日:2022/08/06
No image

暑い夏はアジア料理が食べたくなりませんか? 料理家で発酵マイスターの榎本美沙さんに、炊飯器でつくる「塩麹カオマンガイ」のレシピを教えていただきました。鶏肉を塩麹に漬けてから炊くことで、しっとりと仕上がります。

塩麹を使えば、炊飯器でおいしいカオマンガイがつくれます

皆さま、こんにちは、榎本美沙です。

[ 関連記事を読む - 榎本美沙の発酵暮らし ]

8月、体に堪える暑い日が続きますね。 発酵食品を使った、夏に食べたいアジア料理をご紹介します。

私は、日本食をつくることが多いですが、タイやベトナム、台湾、韓国など、アジア料理も大好きで、新型コロナウイルス感染症の流行前はよく旅行にも行っていました。

最近はなかなか旅行にもいけないご時世なので、家でアジア料理をつくることも多くなってきました。よくつくるのが、日本の発酵食品を使って、アジア料理を家庭でのつくりやすくアレンジする料理。

今回ご紹介するのは、「塩麹カオマンガイ」。

タイでよく食べられるカオマンガイは、鶏をゆでて、そのゆで汁で炊いたご飯を合わせる料理です。

今回は、とっても手軽に炊飯器ひとつでつくれる方法をご紹介します。塩麹で鶏肉を漬けてから炊くことで、炊飯器調理でもしっとりと仕上がりますよ。

ちなみに塩麹は手づくりすると、酵素が活性して、お肉がよりやわらかくなります。

塩麹のつくり方はYouTubeでもご紹介しているので、よろしければご覧くださいね。

塩麹カオマンガイのつくり方

No image

材料(つくりやすい分量/3〜4人分)

[ 表組はオリジナルサイトでご覧ください ]

つくり方

1 鶏肉は袋に入れて塩麹を揉み込んで冷蔵庫でひと晩(1時間以上)おく。

No image

2 米はといで30分浸水させておく。にんにくは半分、しょうがは薄切り、長ねぎはみじん切りにする。

No image

3 炊飯器の内釜に米、酒を入れ、2合の目盛りまで水を入れる。鶏肉を塩麹ごと、しょうが、にんにく、あれば長ねぎの青い部分、パクチーの根を入れ、炊飯する。

No image

4 長ねぎ、Aを混ぜ合わせてねぎだれにする。

No image

5 炊き上がったらすぐに具材を取り出し、ごはんを混ぜ合わせる。鶏肉は食べやすい大きさに切り分け、器にごはん、鶏肉、パクチー、レモンをのせ、ねぎだれをかける。

No image
No image

榎本 美沙(えのもと みさ)
料理家/発酵マイスター
広告会社勤務の傍ら、夫婦で一緒に料理を作るレシピ紹介サイト「ふたりごはん」を開設。その後、調理師学校を卒業し独立。発酵食品、旬の野菜を使ったレシピ開発が得意。テレビ、雑誌や書籍、WEBへのレシピ提供、イベント出演などを行う。著書に、『ジッパー袋でかんたん季節の保存食』(家の光協会) 、『野菜の「べんり漬け」』(主婦の友社) 、『からだが整う〝ひと晩発酵みそ〟』(主婦と生活社) がある。

新刊『今すぐ始められる、毎日続けられる。ゆる発酵』(オレンジページ) が、2022年5月に発売。

●Instagram:@misa_enomoto

●YouTube:「榎本美沙の季節料理」

●Twitter:@misa_enomoto

天然生活編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加