【観葉植物】9月は植え替えのラストチャンス。タイミングやコツを解説&育てやすい観葉植物5選

【観葉植物】9月は植え替えのラストチャンス。タイミングやコツを解説&育てやすい観葉植物5選

  • LIMO
  • 更新日:2022/09/26
No image

観葉植物を買ってきた当時の鉢のままで、長年育て続けていませんか。そのままにしておくと根詰まりして生育が悪くなったり、病気にかかりやすくなったりするかもしれません。

手遅れにならないように、数年に1回は観葉植物を植え替えましょう。9月は植え替えのラストチャンスです。

今回は植え替えのタイミングやコツを解説。丈夫で育てやすい観葉植物も紹介します。

【観葉植物】植え替えの適期は?

No image

Ekaterina Zolina/istockphoto.com

植え替えは気温が20~25度になる頃が適期です。極端に気温が高くなる真夏を避けて、観葉植物が活発に生育する4~9月におこないましょう。

植え替えは植物にとって多少なりともストレスがかかります。植物が弱っているとかえって株を傷めてしまうので、健康な状態のときに植え替えましょう。

【写真で鑑賞】育てやすい観葉植物5選(パキラ、ヘデラなど)

【観葉植物】植え替えのサインは?

大きく生長してバランスが悪い

観葉植物の生育スピードは比較的ゆっくりですが、毎年少しずつ大きく生長しています。背丈や枝張りが大きくなっているのに小さな鉢のままにしていると、バランスを崩して倒れてしまうことも。

ひとまわり大きな鉢に植え替えると安定感が保てて、インテリアオブジェとしても見映えがよくなります。

No image

FollowTheFlow/istockphoto.com

鉢底から根が飛び出している

観葉植物を長い間育てていると、鉢底から根が飛び出して伸びているのを見かけることがあります。これは植木鉢という限られたスペースの中で、根が行き先を失ってしまったからです。

そのままにしておくと根が水分や養分をしっかり吸収できなくなります。また、飛び出した根で鉢が浮くと不安定になるので植え替えが必要です。

土の浸み込み方が遅い

水やりするとすぐに鉢底から水が流れ出したり、水やりしても土がなかなか吸水しなかったりする場合は、根詰まりしているかもしれません。

根詰まりとは鉢の中が根でいっぱいになり、土がカチカチに固まってしまった状態。水やりのときに異変を感じたら植え替えのサインです。

【観葉植物】じょうずな植え替えのコツ3点

新しい鉢はひとまわり大きめのサイズに

次に植える新しい鉢は、元の鉢よりひとまわり大きなサイズにします。度々植え替える手間を省くため、大き過ぎる鉢に植え替えるのは避けましょう。

鉢が大きいと土の量が増えるため、植物が水分を吸収しきれません。土がつねに過湿になると根腐れや病気の原因になります。

植え替えるときは根を傷めないように

植物を鉢から引き抜く際、根を傷めないようにそっと優しく扱いましょう。引き出しにくいときは、鉢の側面を軽くたたくと抜きやすくなります。

古い根や変色している根は取り除いてください。グルグル巻きになっている長い根は、適当な長さでカットしておくと新しい根が生えやすくなります。

植え替え後は水やりを忘れずに

No image

Liudmila Chernetska/istockphoto.com

植え替えた後は鉢底から透明な水が流れ出るまでタップリ水やりしてください。水やりすることで根の隙間に土がしっかりと入り込みます。1週間程度直射日光の当たらない明るい日陰で管理しましょう。

育てやすい観葉植物オススメ品種5選

パキラ

No image

Mid Tran Designer/shutterstock.com

5~7枚の葉が放射状に開くパキラ。金運をもたらすマネーツリーとも呼ばれ、次々と新芽を出して旺盛に生長します。直射日光が当たると葉焼けするので、明るい日陰に置きましょう。※参考価格:1000~3000円前後(4号鉢)

モンステラ

No image

Oksana Chaun/istockphoto.com

モンステラは深い切れ込みが入る葉や節から伸びる気根がワイルドな雰囲気。うねりのある幹と大きく広がる葉が存在感バツグンです。多湿にすると根腐れすることがあるので、乾燥ぎみに育てましょう。※参考価格:1500~3000円前後(4号鉢)

シェフレラ

No image

Richa Manglik/istockphoto.com

「ホンコンカポック」というポピュラーな品種をはじめ、さまざま種類をもつシェフレラ。葉に白や黄色の斑が入るものもあり、インテリアグリーンとして高い人気を誇っています。※参考価格:1000~5000円前後(4号鉢)

ヘデラ

No image

Albina Yalunina/istockphoto.com

ヘデラは「アイビー」とも呼ばれるツル性植物。節から気根を伸ばして、樹木や壁に付着しながら広がるのが特徴です。強健で育てやすく、100均ショップでも手軽に購入できます。※参考価格:100~400円前後(3号ポット苗)

ドラセナ

No image

Oksana Lyskova/istockphoto.com

樹形や葉色のバラエティーが豊富なドラセナ。しなやかで繊細なものからドッシリと存在感のあるものまでさまざまなタイプが揃っています。美しい葉色を保つために、直射日光を避けて育てましょう。※参考価格:1000~3000円前後(4号鉢)

まとめにかえて

観葉植物にとって植木鉢は衣服のようなもの。生長しても小さな鉢のままだと、次第に窮屈さが増し息苦しくなってきます。

大切な観葉植物がのびのびと育つように、適切な大きさの鉢に植え替えてあげましょう。インテリアの雰囲気に合ったオシャレな鉢に着替えさせて、スタイリッシュなグリーンアイテムにしてみませんか。

上園 美佳

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加