【中京9R・あずさ賞】紅一点セントカメリアが逃げ切り連勝 福永祐一騎手「展開イメージ通り」

【中京9R・あずさ賞】紅一点セントカメリアが逃げ切り連勝 福永祐一騎手「展開イメージ通り」

  • スポーツ報知
  • 更新日:2022/05/14
No image

5月14日の中京9R・あずさ賞(3歳1勝クラス、芝2000メートル、9頭立て)は、3番人気のセントカメリア(牝、栗東・高野友和厩舎、父ドゥラメンテ)が逃げ切り、未勝利に続く連勝を飾った。勝ちタイムは1分59秒6(重)。

五分にスタートを出て、馬なりのまま加速してハナ。前半1000メートルを1分1秒2のスローに落とした。直線で圧倒的な1番人気に推されたガイアフォースが迫ってきたが、ゴーサインに鋭く加速。上がり3ハロンを34秒4でまとめ、1馬身半差をつけて振り切った。

半兄に2014年の豪G1・コーフィールドCを勝ったアドマイヤラクティ(父ハーツクライ)がいる良血。2000メートルに距離を延ばしてからの連勝に、福永祐一騎手は「馬の状態は前走より良かったです。テンションも前回よりはるかに落ち着いていて、ゲートまでいい形で行けました。駐立に課題が残るし難しいところはありますが、スタートは上手に出てくれました。レース展開はイメージ通りでした」と納得の表情だった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加