国民との交流方法を模索...天皇陛下61歳の誕生日

国民との交流方法を模索...天皇陛下61歳の誕生日

  • テレ朝news
  • 更新日:2021/02/24
No image

動画を見る(元記事へ)

天皇陛下は23日に61歳の誕生日を迎えられました。新型コロナウイルスの影響で、一般参賀や祝宴は行われませんでした。誕生日に先立って行われた記者会見も、アクリル板をはさんでのものとなりました。

会見の冒頭、陛下は、「コロナ禍での皇室のあり方」についての思いを述べられました。
天皇陛下:「日本の歴史の中では、天変地異や疫病の蔓延など、困難な時期が幾度もありました。これまでの歴代天皇の御事蹟をたどれば、天変地異等が続く不安定な世を鎮めたいとの思いを込めて奈良の大仏を作られた聖武天皇。疫病の収束を願って般若心経を書写された平安時代の嵯峨天皇に始まり、戦国時代の後奈良天皇、正親町天皇など、歴代の天皇は、その時代、時代にあって、国民に寄り添うべく、思いを受け継ぎ、自らができることを成すよう努めてこられました。その精神は、現代にも通じるものがあると思います。皇室のあり方や活動の基本は、国民の幸せを常に願って、国民と苦楽を共にすることだと思います」

生活困窮者を支援する団体などから、実情を聞く機会を重ねていた天皇皇后両陛下。会見の中でもこう述べられました。
天皇陛下:「コロナ禍の閉塞感からでしょうか。自ら命を絶つ人が増えていることも極めて痛ましいことで、皆で何とか防がなくてはなりません」「特に、多くの可能性を持つ若い人々が苦境に陥っていることや、女性や若者の自殺や家庭内暴力・児童虐待などが増加していることなども危惧しております」

しかし、いま、これまでのような活動は、難しい状況です。そのなかで可能性を見出されたのが、オンライン交流だったといいます。去年11月、初めてのオンライン視察では、コロナ対応にあたる日本赤十字社医療センターなどから現場の状況を聞かれました。先月には、熊本県の被災地をオンラインでお見舞いされています。

皇室制度に詳しい名古屋大学の河西秀哉准教授は、会見をどのように見たのでしょうか。
名古屋大学・河西秀哉准教授:「令和の天皇のあり方というのは、少なくとも平成のあり方を踏襲しつつ、いまのこういう状況の中でという形でのやりかたをしなければいけないと思う。そうしたときに“オンライン”というのが、代替の一つとしてあると思う」

もう一つ、河西准教授が注目したのは、“私たち”という言葉です。
名古屋大学・河西秀哉准教授:「前の平成の天皇は『わたくし』という言葉だったわけだけど、今回は『わたくしと皇后』とか、2人でやっているということを、オンラインでやるということを、多分、すごく喜んでいる。それは2人でやれるから喜んでいるんだろうなと」

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加