尼崎市 全市民46万人のデータ入りUSB紛失 居酒屋で飲酒後にカバンごとなくす

尼崎市 全市民46万人のデータ入りUSB紛失 居酒屋で飲酒後にカバンごとなくす

  • 関西テレビ
  • 更新日:2022/06/23

尼崎市は全市民46万人の名前や住所などのデータが入ったUSBメモリを紛失したと明らかにしました。

6月21日、尼崎市から新型コロナの給付金支給業務を委託されていた会社の関係先の社員が、データの移管作業のためUSBメモリをかばんに入れて持ち出しました。

市によると、社員は作業を終えた後、居酒屋で酒を飲んでいて、帰宅した際、かばんを紛失したことに気づいたということです。

紛失したUSBメモリには、全市民およそ46万人の名前や住所など、住民基本台帳に記載されているデータが入っていました。

また、住民税に関する情報や、生活保護や児童手当を受けている世帯の口座情報なども含まれているということです。

現時点で、外部への情報の流出は確認されておらず、尼崎市は経緯の確認を進めています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加