コロナでライブ遠征が出来ない今、発散することを楽しみにもっと我慢してやる

コロナでライブ遠征が出来ない今、発散することを楽しみにもっと我慢してやる

  • かがみよかがみ
  • 更新日:2021/06/11
No image

「来月はいつお休みをもらおっかなぁー」なんて、ウキウキしながら休みを考えていた頃が懐かしい。今じゃ手帳を見ても、こんなに寂しい手帳ってあるか?ってくらい、ほぼほぼ真っ白で何の予定も書いていない。

シフト制で働いている私は、毎月20日には来月1ヶ月分の休み希望を提出することになっている。だけど休み希望なんて、ここ1年くらいは月に1日あるかどうか、基本的には「来月の休み希望はありません」なんて送るのがほとんどで。

いや、どんだけ融通の効く人間なんだよ!ってツッコミたくなるくらいだ。

父は警察官を辞め、タイに行き、退職金を含む全財産を使って無一文で帰ってきた

ライブに行くことが私のモチベーション。それができない今が悔しい

最近の休みといえば、アラームもかけずに寝て、ゴロゴロしながら動画を見て、気づいたらあっという間に夜になってて。ちょっと前まではこんな休みの日も幸せだったのにな……。

なんて、ほんと贅沢な嘆きだよなーって感じだけど、今となってはこんな休日がもうしんどくてしんどくてたまらない。

私はアイドルが好きだから、ライブを観に行くことを働くモチベーションにしていた。ライブの遠征ついでにいろんな所を旅するのが好きだったのに、今はそれができない。だから働くことも1年前よりずっとしんどくなったように感じる。

この1年、いろんなイベントの開催が発表された。こんな状況下じゃなかったらすぐさま応募して、当落の結果に一喜一憂していたはずだ。なのに今となっては「当たってもどうせ行けないから」と応募することすらできないのが悔しい。

自分ひとりだけの問題で、私が怒られて済む話なら、好き勝手に行動して、いくらだって怒られてやる。でもそうじゃなくて、自分の軽率な行動が周りの人に多大な迷惑をかける可能性がある。そう考えると、こんな田舎から都会へ遊びになんて行けないわけで……。

私にできることはただ我慢し続けることだけ。それ以外の選択肢はない

ゴールデンウィークも終わり、イベントの規制が緩和され、ライブもまた観客が入れるようになってきた。

私の住むところは感染者がさほど多くはない。正直な話、こんなに我慢して我慢して感染者が少ないのに、何でまだ我慢しなきゃいけないんだろうって。

いや、少ないからこそ、感染者が多い場所に行けないのか……。じゃあいっそのこと東京に住めばいいのか……。なんて、訳の分からない考えにたどり着く私の頭はきっと疲れきっているのだろう。

今この時も命の危機にさらされながら、毎日私たちのために働いてくれている人たちがいる。なのに、そんな中で、私は何を文句たれているんだ。私に出来ることはただじっと我慢し続けることだけ。それ以外の選択肢なんて持ち合わせていないのだ。

わかっている、わかってはいるんだけれども、楽しむことができないのが、悔しくて苦しくてたまらない。誰にあてられる訳でもないこの怒りを発散できるような趣味でもあればいいのだが、生憎その趣味がライブや舞台を観に遠征することなもんで、これはもうどうしようもできない。

我慢して溜め込んだストレス。全ストレスを発散させる旅に出よう

この状況が落ち着いたら、とりあえず旅に出ようかな。今まで溜め込んだ全ストレスを発散させる旅に。溜め込んだストレスの分だけ、自分に思いっきり贅沢をさせてあげる。

だから今は我慢して我慢して、もっともっとストレスを溜め込んでやる。そして今まで行けなかった所に行って全てを発散してやるんだ。

よし、やっと楽しみを見つけることができた。この楽しみを、何倍も何十倍も楽しめるように今はしっかり育ててあげよう。いつかきっと訪れる「その時」のために。

さぁ、もうゴロゴロしている暇はないな。どこに行って何をしようか。いやー、行きたい所多すぎて決められる自信ないな。

あっそうだ、ダーツでもして旅先を決めることにしよう。

【厳選】体育館で感じた「死ぬかも」という恐怖。サークルのリーダーだった私への冷たい態度の理由は。4月に読まれたエッセイ

chaso

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加