大人も子どもも楽しく学べる全国「工場見学」トップ10! 1位は?

大人も子どもも楽しく学べる全国「工場見学」トップ10! 1位は?

  • マイナビニュース
  • 更新日:2022/08/06
No image

リクルートは8月3日、「工場見学」に関するアンケート調査の結果を発表した。調査は6月27日~29日、小・中学生の子を持つ20代~40代の男女1,018名、および20代~40代の男女1,040名を対象にインターネットで行われた。

Yahoo!が「全国花火マップ 2022」公開!全国180カ所の花火大会スポット表示

○「子どもの学びになりそうな工場見学」ランキングトップ10

小・中学生の子を持つ20代~40代の男女1,018名を対象に、「子どもの学びになりそうな工場見学」を聞いたところ、お金に関する知識を楽しく学ぶことができる施設「造幣局さいたま支局」(埼玉県)が1位を獲得。貨幣や勲章の製造工程をガラス越しに見学したり、併設の博物館では、最先端の偽造防止技術を学ぶことができるほか、日本で開催された過去のオリンピック大会の入賞メダルや記念貨幣などがずらりと展示されている。なお、大阪本局と広島支局でも見学することができる。

続く2位は「JAL工場見学~SKY MUSEUM~」(東京都)。JALで働くスタッフのお仕事紹介や資料展示をはじめ、コックピットの雰囲気が味わえるシミュレーター、客室座席に座ることもでき、記念撮影も楽しめる。格納庫の見学では、整備中の迫力ある飛行機を間近で見ることもできるという。

3位には、創業90年の食品サンプル専門店で体験できる「元祖食品サンプル屋 食品サンプル製作体験」(東京都)がランクイン。昔ながらのろうを使った製法で、天ぷら2品とレタス1個の製作に挑戦できる。

4位は、インスタントラーメンにまつわるさまざまな展示や体験工房などを通じて、発明・発見の大切さについて学べる体験型ミュージアム「カップヌードルミュージアム」(神奈川県・大阪府)。チキンラーメンの手作り体験や、世界でひとつだけのマイカップヌードルを作ることができる工房など、おとなから子どもまで楽しむことができる。施設は横浜と大阪府池田市に2拠点ある。

5位にランクインしたのは、2022年4月に「感動!e.TEAM ANA」をテーマにした体験型見学施設を新設したばかりの「ANA Blue Hangar Tour」(東京都)。実際の部品や工具に触れられるコーナーや整備作業を模した体験ゾーンなど、飛行機や整備業務を身近に感じられる内容に。格納庫見学では実際に整備している飛行機を見ることができる。

以下、6位「お菓子のテーマパーク グリコピア・イースト」、7位「ヤマサ醤油 しょうゆ味わい体験館」、8位「サントリー天然水工場」、9位「ヤマト運輸関西ゲートウェイ見学コース」「土屋鞄製造所 軽井澤工房店(ランドセル)」と続き、航空系や物流系など、夏休みの自由研究にも活躍しそうな一面もあるスポットが上位にランクインした。
○「童心にかえって楽しめそうな工場見学」ランキング

次に、20代~40代の男女1,040名に対し、「童心にかえって楽しめそうな工場見学」を聞いたところ、「お菓子のテーマパーク グリコピア・イースト」(埼玉県)が1位を獲得。おなじみのポッキーやプリッツの製造工程やグリコのおもちゃなどを見学できるユニークな工場見学施設。同じく、グリコピア神戸でも見学ができるほか、グリコピアCHIBAではアイスの製造工程が楽しめる。

続く2位は、等身大のリカちゃんが出迎えてくれる「リカちゃんキャッスル」(福島県)。リカちゃんになりきって遊べるお城では、歴代のリカちゃん展示、リカちゃんタウンの紹介、人形ファクトリーの見学が楽しめるほか、ARでリカちゃんと記念撮影ができるスポットも新登場!ゴージャスなオリジナルドレスをまとった人形が勢ぞろいするギャラリーは見応えあり。

続いて、子どもの学びになりそうな工場見学ランキングでも4位にランクインした「カップヌードルミュージアム」(神奈川県・大阪府)が3位にランクイン。

4位には、「カルピス」の歴史や想いが伝わる展示物や製造工程が見学できる「『カルピス®』みらいのミュージアム」(群馬県)がランクイン。映像と香りで、まるで発酵タンクに入ったような体験ができる「発酵のへや」など、子どもからおとなまで楽しめる新感覚の展示が用意されている。

5位にランクインしたのは、「ロッテ おかしの学校 浦和工場」(埼玉県)。ガーナチョコレートかパイの実、どちらが見学できるかは当日のお楽しみ。配布される「おかしの教科書」に書かれたクイズに挑戦しながらおかしの疑問について楽しく学ぶことができる。

以下、6位「中村屋 中華まんミュージアム」、7位「元祖食品サンプル屋 食品サンプル製作体験」、8位「赤城乳業 本庄千本さくら『5S』工場見学」、9位「白い恋人パーク」、10位「JAL工場見学~SKY MUSEUM~」と続き、グリコピアを筆頭に、食品系のミュージアムや工場見学がずらりと並ぶ結果に。身近な食品について学びながら、実際に製造や試食・試飲などの体験ができるなど、おとなはもちろん、子どもも楽しめる魅力的な施設が多数ランクインした。

CHIGAKO

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加