【50代の再婚】53歳&60歳再婚夫婦の幸せの秘訣はスキンシップ

【50代の再婚】53歳&60歳再婚夫婦の幸せの秘訣はスキンシップ

  • 美ST ONLINE
  • 更新日:2022/06/23

出会って9ヶ月のスピード婚を決めた春山さんご夫婦。再婚同士ということもあり、適度な距離感とお互いを尊重し合える関係性が心地よく、とっても幸せなんだそう。そんなお二人に第二の新婚生活がうまくいく秘訣を伺いました。

▼あわせて読みたい 寄り添い、慕い、もっと美しく!矢沢 心さん&魔裟斗さんの【夫婦美容】

子供の独立後に訪れた突然の出会いで新婚生活をスタート

《春山福子さん Profile》
33歳のときに離婚。エステサロン経営しながら娘2人を育て5月には初孫誕生予定。茂一さんの息子ファミリーとも仲良し。

No image

春山福子さん 53歳 日本美膣協会専任講師、夫・春山茂一さん 60歳

適度な距離感を保った大人婚は居心地がいい

33歳で離婚したとき2人の娘はまだ小学生でした。保険会社に勤めた後、エステサロンを経営していた私は、育児と仕事に手いっぱいで、自分のことに手をかける余裕がない日々でした。娘たちが独立し時間にゆとりが生まれた後も再婚願望は特になく、一人の生活を謳歌していたのですが、2019年2月に知り合いの飲食店で夫と出会い、5月には初デートを。さらに同月中にプロポーズされると、11月には入籍と超スピード婚となりました。「この人なら再婚してもいいかも」と私の心を動かしたのは彼の素朴な優しさでした。お互い再婚同士、一人の時間が長かった彼は、料理などの家事を率先してやってくれますし、私の仕事やプライベートを尊重し、応援してくれます。だから私も好きなゴルフやワインスクールに通いながら、日本美膣協会の講師という新たなチャレンジもできました。双方の子供たちも仕事、家庭を持ち独立しているので再婚を祝福してくれたのも大人婚ならでは。自分本位になりがちな若い頃の恋愛と違い、適度な距離感を保ちつつ互いを思い合う関係は心地よく、今とても幸せです。

夫婦円満の秘訣

1:スキンシップで互いの体調チェック

ストレッチや腹筋運動のときに体を支えたり、お互いに肩もみします。相手の調子がわかりますし、お互いを労る気持ちがスキンシップを通じて伝わるように思います。

No image

2:置き手紙でコミュニケーション

No image

ゴルフや出張で出かけるとき、先に就寝するときには置き手紙。言葉だと恥ずかしくて言えないことも手紙だと素直に書けます。なんだかうれしくて捨てられずに残しています。

3:互いの仕事を認めてさりげなく応援する

No image

最近、日本美膣協会の講師となった私のために、仕事に役立ちそうな本をたくさん買ってきてくれます。良い刺激になるし、私の仕事を認めてくれているようでうれしい。

【春山さん夫婦のここがいい!】感謝が生まれるマッサージは最高のスキンシップ

「マッサージは毎日しても無理のないスキンシップ。マッサージしてもらうとありがとうという感謝の気持ちも芽生えるので試してみて」(夫婦問題研究家・岡野あつこさん)子育て後・リタイア後の夫婦関係をつなぐコミュニケーションとしても、スキンシップは有効。習慣にすることが夫婦円満の秘訣だといいます。「出かけたときに手を繫ぐ、家の中でもソファに寄り添って座るなどで充分。ちょっとしたことで夫婦のいい関係が長続きするはずです」(岡野さん)

離婚相談救急隊代表。36,000組以上の夫婦問題の相談、解決をしてきたエキスパート。自身の離婚経験を生かし夫婦問題の悩みに寄り添う。

教えてくれたのは……夫婦問題研究家 岡野あつこさん

こちらの記事もおすすめ

No image

60代夫婦「週末だけ一緒。第二の新婚生活を楽しみます」

子育てにゴールが見え、不安を感じ始めた時こそ夫婦関係を見直す絶好のチャンス。妻・まりさんのアトリエオープンを機に、夫婦のルールを見直して“第二の新婚”生活をエンジョイする辻本さんご夫婦に取材しました。平日はお互い仕事優先で週末だけ一緒に過ごすことの良さや、夫婦円満のための新しいルールについてたっぷり語ってくれました。

2022年6月18日 17:30

No image

愛が深まればお互いもっと綺麗になれる!夫婦&パートナーとの【距離を縮める】5つの美習慣

夫婦は仲がいいほどキレイになれる!一緒にキレイを目指すと一層仲良くなれる!「美」にはパートナーとの素敵な関係をもたらす秘密がありました。 夫と、パートナともっと距離が縮まる美習慣を白鳥マキさんに伺いました。

2020年12月21日 20:00

No image

【フェミニンゾーンケア】清潔感もエイジングケアも叶うコツ

“フェムテック”“フェムケア”といったワードを聞く機会も増えてきましたが、きちんとデリケートゾーン=フェミニンゾーンケアをできている人が少ないのが現状。毎日のスキンケアのような感覚でケアをすることで、単に清潔になるだけではなく、外面も内面も磨かれていいことずくめ。フェミニンゾーンケアからのエイジングケア始めてみませんか?

2022年6月17日 12:00

2022年『美ST』7月号掲載撮影/吉澤健太、浜村菜月(LOVABLE)、渡邉力斗 ヘア・メーク/Sai、城生なみ子(+nine)、川岸ゆかり(Luck.) 取材/中田ゆき、八尾美奈子、古川延江 編集/長谷川 智

美ST ONLINE

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加