インテル、早くも買い戻し条項を行使? ジェノアへ売却した21歳FWの再獲得を検討か

インテル、早くも買い戻し条項を行使? ジェノアへ売却した21歳FWの再獲得を検討か

  • フットボールチャンネル
  • 更新日:2020/09/17
No image

【写真:Getty Images】

ジェノアに所属する21歳のU-21イタリア代表FWアンドレア・ピナモンティについて、インテルが再獲得を考えているようだ。16日に伊メディア『カルチョニュース24』が報じている。

2019年7月に1年間の期限付きでインテルからジェノアへ移籍したピナモンティは、昨季公式戦34試合に出場し7得点3アシストを記録。シーズン終了後にレンタル元のインテルに復帰する予定だったが、ジェノアが買い取りオプションを行使したことにより移籍金1950万ユーロ(約24億2000万円)で完全移籍している。

だが、同メディアによると、インテルが早くも買い戻し条項を行使して再獲得を考えているとのこと。移籍金は売却した際の金額と同額になるようだ。また、ピナモンティの代理人を務めるミノ・ライオラ氏がクラブを訪れて交渉を行なった模様。果たして、ピナモンティは再びインテルに戻ってくるのだろうか。

編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加