ヤマト宅急便サイズ拡大! 3辺合計200cm・30kgまで EC発展に対応

ヤマト宅急便サイズ拡大! 3辺合計200cm・30kgまで EC発展に対応

  • 乗りものニュース
  • 更新日:2021/07/21

荷物の多様化に対応

ヤマト運輸は2021年7月20日(火)、宅急便の取り扱いサイズを10月4日(月)から拡大すると発表しました。

No image

ヤマト運輸の車両イメージ(画像:ヤマト運輸)。

既存の上限である160サイズよりもさらに大きい180サイズ(3辺合計180cm以内)、200サイズ(同200cm以内)が新設されます。重量はどちらも30kgまで。税込料金(現金)は180サイズが2400円~、200サイズが2840円~です。

これに伴い、宅急便の規格を超える荷物に対応していた「ヤマト便」は、10月3日の荷受け分をもって廃止されます。ヤマト便では対応していなかった配達時間帯指定や宅急便センターでの受け取り、メンバー割引制度や送り状発行サービスも、新設の大サイズ宅急便で対応可能になるということです。

ヤマト運輸はサービス変更の背景について、「ECの利用拡大にともない、お客さまは本やアパレル・生活雑貨など小型の荷物だけでなく、地方のお米や特産品、家具・家電など大型の商品をECで購入する機会が増えています。そして、これにより事業者側が宅配時に送る荷物サイズも多様化しています」としています。

なお、180・200サイズともに、1辺の長さは170cmまでが上限。コンビニエンスストアでは、10月4日時点で180・200サイズは取り扱わないといいます。このほかクール宅急便は、従来通り140サイズ以下、「PUDOステーション」を活用した受け取りは120サイズ以下に限られるそうです。

乗りものニュース編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加