楽天・銀次、現役引退決意 通算1239安打 スタッフとして球団に残る方針

楽天・銀次、現役引退決意 通算1239安打 スタッフとして球団に残る方針

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2023/11/22
No image

楽天・銀次

楽天・銀次内野手(35)が今季限りで現役引退する意向を固めたことが21日、分かった。22日に記者会見を行う。今後もスタッフとして球団に残るという。

プロ18年目の今季はシーズン終盤の9月22日に初めて1軍に昇格し、代打で出場した同25日の日本ハム戦(エスコン)で決勝打をマーク。今季は出場6試合で10打数1安打、本塁打なしの1打点だった。

10月12日に球団から来季契約を結ばない旨を通告されていた。「現役でプレーする自信はある。プレーできる場所があれば、個人的には続けたい」と現役続行を希望していたが、思いはかなわなかった。

岩手・盛岡中央高から2006年に高校生ドラフト3巡目で入団。生え抜きの巧打者として通算1239安打をマーク。13年には打率・317を記録して球団初のリーグ制覇と日本一に貢献した。

ベストナインに2度(14、17年)、オールスターゲームに2度(14、19年)選出され、ゴールデングラブ賞(17年)、日本シリーズ優秀選手賞(13年)を受賞。3児の父でもあり、社会貢献活動を積極的に行ってきた。〝みちのくのヒーロー〟が新たな道を歩む。

■銀次(本名・赤見内銀次=あかみない・ぎんじ) 1988(昭和63)年2月24日生まれ、35歳。岩手県普代村出身。盛岡中央高から2006年、高校生ドラフト3巡目で楽天入団。13年は主に「3番・一塁」を任され、球団初のリーグ優勝と日本一に貢献した。通算成績は1240試合に出場し、打率・290、28本塁打、471打点。174センチ、78キロ。右投げ左打ち。既婚。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加