張本兄妹ペアが混合ダブルス制覇 兄はダブルス、妹はシングルスで2冠目指す<卓球・WTTコンテンダーチュニス>

張本兄妹ペアが混合ダブルス制覇 兄はダブルス、妹はシングルスで2冠目指す<卓球・WTTコンテンダーチュニス>

  • Rallys(ラリーズ)
  • 更新日:2022/08/06
No image

<WTTコンテンダーチュニス 日程:8月1~6日 場所:チュニス(チュニジア)>

5日、WTTコンテンダーチュニスは大会5日目を迎え、男女シングルス準決勝まで、男女ダブルス準決勝、混合ダブルス決勝が行われた。

5日に行われた混合ダブルス決勝には張本智和(IMG)/張本美和(木下アカデミー)の張本兄妹ペアが登場した。台湾の馮翊新(フェンイーシン)/陳思羽(チェンズーユ・チャイニーズタイペイ)ペアに対し、第1ゲームと第3ゲームを落とし、先に王手をかけられてしまう。

それでも第4ゲームを勝負強さを見せて奪取すると、最終第5ゲームは兄・智和のカウンターでゲームを締め、フルゲームの激闘を制した。

No image

写真:張本智和(IMG)/木造勇人(個人)/提供:WTT

張本兄妹の活躍は混合ダブルスにとどまらず、兄・智和は木造勇人(個人)と組んだ男子ダブルスで、韓国の趙勝敏(チョスンミン)/安宰賢(アンジェヒョン・韓国)ペアを下して決勝に駒を進めた。

No image

写真:張本美和(木下アカデミー)/提供:WTT

妹・美和は長﨑美柚(木下グループ)と組んだ女子ダブルスでは蒯曼(クワイマン)/張瑞(ジャンルイ・中国)ペアにフルゲームで敗れたものの、女子シングルスでは準々決勝でヤン・シャオシン(モナコ)に、準決勝で陳思羽(チェンズーユ・チャイニーズタイペイ)にそれぞれ勝利し、決勝進出を果たした。

美和はシングルス決勝でダブルスで敗れた中国の張瑞(ジャンルイ)と対戦する。雪辱を晴らすことはできるか。

6日間に及んだWTTコンテンダーチュニスも明日で最終日を迎える。快進撃を続ける日本勢から目が離せない。

5日日本選手試合結果

女子シングルス準々決勝

石川佳純(全農)1-3 陳思羽(チェンズーユ・チャイニーズタイペイ)〇

〇張本美和(木下アカデミー)3-1 ヤン・シャオシン(モナコ)

〇長﨑美柚(木下グループ)3-1 鄭怡静(チェンイーチン・チャイニーズタイペイ)

女子シングルス準決勝

〇張本美和(木下アカデミー)4-1 陳思羽(チェンズーユ・チャイニーズタイペイ)

長﨑美柚(木下グループ)1-4 張瑞(ジャンルイ・中国)〇

男子ダブルス準決勝

〇木造勇人(個人)/張本智和(IMG)3-2 趙勝(チョスンミン)/安宰賢(アンジェヒョン・韓国)

女子ダブルス準決勝

長﨑美柚(木下グループ)/張本美和(木下アカデミー)2-3 蒯曼(クワイマン)/張瑞(ジャンルイ・中国)〇

森さくら/笹尾明日香(日本生命)1-3 石洵揺(シシュンヤオ)/何卓佳(フーズオジャー・中国)〇

混合ダブルス決勝

〇張本智和(IMG)/張本美和(木下アカデミー)3-2 馮翊新(フェンイーシン)/陳思羽(チェンズーユ・チャイニーズタイペイ)

6日日本選手試合予定

女子シングルス決勝

張本美和(木下アカデミー)- 張瑞(ジャンルイ・中国)

男子ダブルス決勝

木造勇人(個人)/張本智和(IMG)- 薛飛(シュフェイ)/趙子豪(ジャオズーホウ・中国)

文:ラリーズ編集部

ラリーズ編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加