この子なら任せられる!彼のお母さんに会ったときに「好感度が高い」彼女の特徴って?

この子なら任せられる!彼のお母さんに会ったときに「好感度が高い」彼女の特徴って?

  • ハウコレ
  • 更新日:2021/04/07
No image

彼の実家へ初めて行くときは、どうしても緊張してしまいますよね。彼のご両親がどういう方なのか知りたいという気持ちもありますが、なるべく会いたくないという複雑な気持ちもあります。

せっかく会うのであれば、良い印象を持ってほしいと考えるのは、どんな女性でも同じなのではないでしょうか。彼のお母さんは、どういう彼女に好印象を感じるのでしょう。

今回は、彼のお母さんに会ったときに好感度が高くなる彼女の特徴について、ご紹介します。

しっかりとお辞儀をして挨拶ができる

顔を見てただ挨拶をされるよりも、深くまでお辞儀をして、「はじめまして」と挨拶されたほうが、育ちの良さを感じますよね。お辞儀や会釈は、何でもないように感じますが、意外にもその人の印象に反映されることが多くあります。

初対面でもすぐに打ち解けることができるようなラフさも大切かもしれませんが、丁寧な挨拶や、話し方に惹かれるご両親が圧倒的に多くいるようです。挨拶は自分の普段の印象なども出るので、自分らしく堂々と挨拶をするようにしましょう。

育ちの良さを見せるには、挨拶の他にも、玄関に入って靴を脱いだときに、そっとしゃがんで靴の向きをそろえるなどもあります。見せようと思うのであれば、仕草や所作も全部上品にすることもできるので、試してみてもいいかもしれません。

手土産に両親の好きなものを持っていく

手土産を持ってきてくれたという印象は、ご両親にかなりインパクトを与えます、土産物はセンスの良さを計るとも言いますが、ご両親の好きなものを持っていけば、とりあえずは安心することができるでしょう。

彼のお母さんも、わざわざ好きなものを息子に聞いて、買ってきてくれたという手間を考えると、好印象を感じてくれるはずです。息子が好物を知ってくれていたという嬉しさや、手土産にしてくれたという手間がかかっていることから、嬉しくなるのは当然ですよね。

台所に来てくれる

息子の彼女が家に来たら、お茶を出すのが当たり前ですよね。「お茶を入れるから待っててね」と言って台所に行くと、「お手伝いできることはありますか?」と言われたら、然りしていると感じるようです。

台所での仕事は、細かなことが色々あるので、正直大変ですよね。そのことを知っているからこそ、手伝ってもらおうという気持ちがあったのかもしれませんが、言われただけでも嬉しく感じるのではないでしょか。

彼の小さい頃の話を聞く

彼のお母さんとの接点は彼しかないので、「小さいころはどういう子だったんですか?」と聞いてみてください。彼のお母さんも、彼のことを話す時は話しがいを感じるはずです。

大切な息子と、過去にどんなことがあったのか思い出しながら話すことによって、幸せな気持ちになれます。息子のことを愛してくれている女性がいると、息子の可愛い話や良い所など、話したくなるのは必然でしょう。

まとめ

初めて彼のご両親に会うのは緊張するかもしれませんが、ご両親も緊張しているはずなので、変に固まるのではなく、リラックスしていつもの自分を出すようにしてみてください。大切な息子と付き合っているのは、どういう女性なのか見せることで安心させられます。

(ハウコレ編集部)

ハウコレ編集部.

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加