武雄温泉ー長崎 最短23分 ルートの6割はトンネル 西九州新幹線

武雄温泉ー長崎 最短23分 ルートの6割はトンネル 西九州新幹線

  • SAGATVニュース
  • 更新日:2022/09/23
No image

サガテレビ

ここをクリックすると元記事で動画再生ができます。

武雄市や嬉野市をはじめ各地で期待が高まる西九州新幹線ですが、改めてルートなどを見ていきます。

武雄温泉と長崎を結び全長は66キロ、日本で最も短い新幹線です。停車駅は佐賀県が武雄温泉・嬉野温泉、長崎県が新大村、諫早、長崎で、武雄から長崎の所要時間は最速で23分です。

ルートの6割はトンネルで、車窓の風景を楽しめる時間は長くありませんが、その分、茶畑や大村湾が広がる瞬間が貴重かもしれません。

また、新幹線「かもめ」は武雄温泉駅での対面乗り換えにより、在来線特急の「リレーかもめ」と接続し、博多・長崎を結びます。「リレーかもめ」と新幹線「かもめ」を使って佐賀駅から長崎駅に行く場合、これまでの在来線特急と比べ料金は130円高い4100円、所要時間はおよそ30分短縮されます。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加