【ちむどんどん】良子が妹・暢子の結婚のために動く 和彦の母・重子と直談判へ

【ちむどんどん】良子が妹・暢子の結婚のために動く 和彦の母・重子と直談判へ

  • ENCOUNT
  • 更新日:2022/08/06
No image

母・重子(鈴木保奈美)と話す和彦(宮沢氷魚)【写真:(C)NHK】

女優・黒島結菜がヒロインを務めるNHKの朝ドラ、第18週の見どころ

女優の黒島結菜が主人公・比嘉暢子を演じるNHKの連続テレビ小説「ちむどんどん」(毎週月~土曜、午前8時)。第17週までに、暢子が勤めるフォンターナをめぐる大事件が描かれた。トラブルを心配して沖縄から暢子の姉・良子(川口春奈)もやってくるほどの騒動だった。一方で、暢子は重子(鈴木保奈美)から和彦(宮沢氷魚)との結婚の許しは得ていない。8日から始まる第18週はどんな展開になるのか。見どころを探った。

(※以下、ドラマの内容に関する記述があります)

暢子(黒島結菜)が勤めるフォンターナに、三郎(片岡鶴太郎)のお陰で、平和が戻ってきた。ただ、房子(原田美枝子)と三郎の再会は果たせなかった。NHKによると、暢子は、大事な人を集めた披露宴をフォンターナで行おうと決意するという。しかし、重子からはまだ和彦との結婚を認めてもらっていない。そんな中、良子が、妹の結婚のために動き出すことに。重子に直談判しに行くが…、という展開に。

良子が重子に直談判するというが、これまでの様子から容易な相手ではない。どう説得するのか気になる。また、もう一つ気になるのは、房子と三郎の再会。もし暢子の希望どおりフォンターナでの披露宴が実現することになれば2人は再会すると思われるが。はたしてどういう展開が待っているのか楽しみだ。

ENCOUNT編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加