【オールカマー/枠順】人気馬が“馬券圏内率100%”に条件合致 三冠牝馬デアリングタクトは6枠8番

【オールカマー/枠順】人気馬が“馬券圏内率100%”に条件合致 三冠牝馬デアリングタクトは6枠8番

  • SPREAD
  • 更新日:2022/09/23
No image

第68回オールカマー(GII、芝2200m)の枠順が23日、JRAより発表された。

前走の宝塚記念で3着に入った三冠牝馬デアリングタクトは6枠8番、前走・チャレンジCを制したソーヴァリアントは4枠4番、前走の鳴尾記念で重賞初制覇となったヴェルトライゼンデは4枠5番、前走の天皇賞・春の3着からの巻き返しを狙うテーオーロイヤルは7枠10番に入った。

本レースは2014年に新潟競馬場で開催されている。ここでは過去10年に中山で開催された2200mの重賞データを条件に「枠順傾向」を分析していく。

◆【オールカマー2022予想/危険な人気馬】想定1人気の三冠牝馬は“消し”評価 復調気配も「付け入る隙がある」

■人気馬に追い風

1番人気が予想されるデアリングタクトが入った6枠は【6.1.4.47】勝率10.3%、連対率12.1%、複勝率19.0%となっている。先週のセントライト記念では、同枠の3番人気ガイアフォースが優勝、アメリカンJCCでは4番人気ボッケリーニが3着に入っているように同舞台の重賞レースでは4戦連続して馬券圏内と好調だ。ただ、馬券圏内に入ったのは3、4番人気に推されていたが、昨年のオールカマーでは1番人気レイパパレがクビ差で4着と馬券に絡むことが出来ていない。

No image

※中山2200mの重賞レースでの枠順傾向

上位人気が予想されるソーヴァリアントとヴェルトライゼンデが入った4枠は【4.4.5.36】勝率8.2%、連対率16.3%、複勝率26.5%となっている。同枠に入った4歳牡馬の成績は、【0.2.2.0】と複勝率100%なだけに該当するソーヴァリアントには、期待したい。

また、ヴェルトライゼンデに騎乗する戸崎圭太騎手は、先週のセントライト記念で同枠の6番人気ラーグルフで5着に、2020年のオールカマーでは5番人気センテリュオを1着と人気以上の着順に導いている。また、同騎手は、騎乗した2017年・19年・20年のオールカマー2着・3着・1着と3連続で馬券圏内に導いているだけに好走を期待できそうだ。

◆【オールカマー2022予想/血統傾向】注目は復活の兆しを見せた前走3着馬 レース相性抜群な単回収値「260」の配合

◆【オールカマー2022予想/データ攻略-前編】驚異の「100%」が後押し 有力馬にデータ面の死角なし

◆【オールカマー2022予想/データ攻略-後編】想定10人気前後に馬券内率“8割”超え 「馬場適性も文句なし」

文●SPREAD編集部

SPREAD

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加