セカオワSaori デビュー時はライブハウス作って活動も苦労の連続「奨学金を全部使いこんじゃった」

セカオワSaori デビュー時はライブハウス作って活動も苦労の連続「奨学金を全部使いこんじゃった」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2022/06/24

4人組バンド「SEKAI NO OWARI」が23日放送のフジテレビ系「ポップUP!」(月~金曜前11・45)にVTR出演。デビュー当初の苦労した時代を振り返った。

No image

「SEKAI NO OWARI」の(左から)Fukase、Saori、Nakajin、DJ LOVE

デビュー当時はピンチの連続だったようで、ボーカルのFukaseは「僕らライブハウスを作って、そこで活動していたんですけど、やっぱそれに結構お金を使っちゃったからね、借金が…」と借金を抱えていたことを告白。現在、奨学金はすでに返済しているものの、Saoriは「大学に払うべき奨学金を全部使いこんじゃったんですよ。200万円くらい」と明かしていた。

また、その他にも苦労したことがあったようで、Nakajinは「ホッとしたっていうのでいうと、両親が音楽を僕がやることに対して、最初はあまり肯定的ではなくて“24歳までにデビューものにならなかったら、諦めて就職しなさい”とか言われていた」と回顧。しかし、だんだん両親も応援してくれるようになったようで「その両親もさすがに“紅白歌合戦に出られるようになりました”ってなった時には、そのあたりからすごく応援してくれるようになった」と振り返っていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加