新型「フェアレディZ」の赤い内装カッコいいけど「旧型のままなやつもある!?」4グレードの内装を比較

新型「フェアレディZ」の赤い内装カッコいいけど「旧型のままなやつもある!?」4グレードの内装を比較

  • くるまのニュース
  • 更新日:2022/05/15

新型フェアレディZの日本仕様内装カラーは黒・黄・赤の3タイプ!

2022年4月25日に日本仕様の詳細が発表された日産の新型スポーツカー「フェアレディZ」。

同年1月に先行発表済みの特別仕様車「Proto Spec(プロトスペック)」に加え、4つの通常グレードとその価格が発表されました。

特別仕様車と4つの通常グレードについて、シートを中心に内装を比較してみましょう。

No image

日産 新型フェアレディZ(RZ34型)「フェアレディZ Version T」内装

新型フェアレディZのシートは、NISMOのノウハウを活かし開発されました。先代Zに対しホールド性とフィット感を向上させていると日産では説明します。

【画像】内装もカッコいい! 新型フェアレディZのインテリア4タイプを写真で見くらべてみる(25枚)

まず特別仕様車の「フェアレディZ Proto Spec」(消費税込み価格は696万6300円)から。6速MTと9速ATが選択できます。

内装は本革とスエード調ファブリックを組み合わせたコンビシートで、ベースカラーはブラックです。

ただしセンターストライプ、ステッチ、アクセントラインの各部にイエローの差し色が加わり、特別感を演出します。

通常グレードでもっとも高いのが「フェアレディZ Version ST(バージョンエスティ)」(646万2500円)です。こちらも6速MTと9速ATが選択可能。

Proto Spec同様に、本革とスエード調ファブリックを組み合わせたコンビシートを採用しています。

シートカラーはブラックに加え、ブラックをベースにレッドのアクセントカラーが入ったふたつの仕様から選択できるようになっています。

「フェアレディZ Version T」(568万7000円)は9速ATのみの設定。

こちらもブラックに加え、ブラックをベースにレッドのアクセントカラーが入ったふたつのシート地仕様が設定されます。

※ ※ ※

「フェアレディZ Version S」(606万3200円)は6速MTのみの設定となります。

内装色はブラック。シート地はファブリックです。

しかしVersion STやTのシートと見比べてみると、シートやヘッドレスト形状が大きく異なります。

旧型のZ34型フェアレディZと同様のデザインなので、シート自体をそのまま新型へ流用したようです。

もっともベーシックな「フェアレディZ」(524万1500円)には。6速MTと9速ATを用意。

こちらもVersion S同様にブラック/ファブリックの旧型シートが備わります。

このように新型フェアレディZには、大きく分けて新旧2種類のシート形状を、グレードによって使い分けていることがわかります。

※ ※ ※

新型フェアレディZの日本仕様は発表こそされたものの、実際にユーザーの手元へ届くのは2022年夏以降になりそうです。

特別仕様車のProto Specを発表した際には2022年6月下旬の発売を予定していましたが、世界的な自動車部品の供給遅れにより、日産が正式に遅れることを明らかにしています。

くるまのニュース編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加