藤井五冠“竜王戦”初防衛なるか 勝負メシは「和牛ハンバーグ」

藤井五冠“竜王戦”初防衛なるか 勝負メシは「和牛ハンバーグ」

  • FNNプライムオンライン
  • 更新日:2022/11/25
No image

爽やかな淡いブルーの羽織姿で、対局場に現れた将棋の藤井聡太五冠(20)。

広瀬章人八段(35)の挑戦を受ける、竜王戦七番勝負の第5局が、福岡・福津市で始まった。

現在、藤井五冠が3勝1敗と王手をかけていて、この対局に勝利すれば、初防衛が決まる。

25日の対局は、飛車先の歩を進め合う「相掛かり」でスタートした。

決戦の舞台は、“光の道”で知られる宮地嶽神社。

毎年2月と10月に夕日が参道を一直線に照らす絶景は、アイドルグループ「嵐」が出演した航空会社のCMでも使われた。

藤井聡太五冠「本当に、このようなすばらしい場所で対局できることを楽しみにしています」

そんな藤井五冠が、25日の勝負メシに選んだのは、博多和牛のハンバーグ。

そして、午前のおやつには、「鯛もなか」と「あまおうのいちごミルク」をチョイス。

藤井五冠は、いちごミルクを飲みながら対局に臨んでいた。

年明けの1月には、王将のタイトル防衛戦もスタート。

今週、その挑戦者が、将棋界のレジェンド・羽生善治九段(52)に決まった。

羽生善治九段「藤井さんとは、かなり年が離れていますが、ひのき舞台で対戦することが実現できて、自分自身も非常によかった」

新旧2人の王者のタイトル戦は、歴史的な対局となりそう。

25日の竜王戦は、午後6時過ぎに、広瀬八段が次の一手を紙に記す「封じ手」を行い、初日の対局を終えた。

AIの判定ではほぼ互角だが、藤井五冠の方が持ち時間を大きく減らしている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加